研究所の実験(プロ野球編・投手1回目)

はじめに

研究所を7回うろついて、1回目のD「「3番以降」を試す」を何度も受けました。D「「3番以降」を試す」を初めて選択したのが1年目か2年目以降かで結果が違います。

1年目
成功確率
筋力・技術・変化球+10、体力+20、やる気+1、タフ−873/100回
筋力・技術・素早さ+10、体力+20、やる気+1、タフ−8、回復○5/100回
筋力・技術・素早さ+10、体力+20、やる気+1、タフ−13、センス○5/100回
失敗確率
コントロール−10、スタミナ−5、エラーしにくさ−1、体力−40、やる気−2、タフ+208/100回
変化球レベル全方向−1、エラーしにくさ−1、体力−40、やる気−2、タフ+209/100回
2年目以降(成功)

成功の確率は85.0%(170/200回)でした。?の部分はランダムです。どの結果になっても体力+10、やる気+1されます。

結果確率
筋力+?、技術+?、タフ−1232.0%(64/200回)
筋力+?、タフ−122.0%(4/200回)
技術+?、タフ−120.5%(1/200回)
球速+5、タフ−25、四球1.0%(2/200回)
球速+4、コントロール−10、筋力・技術・変化球+20、タフ−1229.5%(59/200回)
球速+3、タフ−25、対左×5.0%(10/200回)
球速+2、コントロール+10、タフ−25、センス×4.0%(8/200回)
球速+2、コントロール+5、タフ−255.0%(10/200回)
球速+1、コントロール+10、タフ−250.5%(1/200回)
タフ−25、センス○3.5%(7/200回)
タフ−25、キレ○1.5%(3/200回)
タフ−25、ノビ○0.5%(1/200回)
2年目以降(失敗)

失敗の確率は15.0%(30/200回)でした。どちらの結果になってもエラーしにくさ−1、体力−40、やる気−2、タフ+20されます。

結果確率
コントロール−10、スタミナ−55.5%(11/200回)
変化球レベル全方向−19.5%(19/200回)