映画「亜人 第2部 −衝突−」(桜井画門)の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2016/05/22(Sun) 14:24

あらすじ

エリート高校生の永井圭は、考え事をしながら横断歩道を赤信号で渡り、交通事故に遭う。 事故に遭った永井圭は、自分が決して死なない≠ニ言われている「亜人」という存在であったことを知る。 なんやかんやで永井圭は政府に捕まり、死なない存在であるため人体実験に使用されるが、同じ亜人の佐藤に助けられる。 けれども佐藤は自分に危害を加えない人間にも暴力をふるうため、無害な人間に暴力をふるうべきでないと考える永井圭は、佐藤と対立する。

感想

本映画はテレビアニメ版の亜人とほとんど内容が同じである。 アニメにはないシーンもあったりするが、テレビ版のシーンの方が多い。 私はアニメ版は全話見たので、なんというか週刊雑誌で読んでいるマンガを、コミックスを買って一気に読んだという感じに近かった。

かといってテレビで観たから劇場版は面白くないというわけではない。 家で観るより劇場版の方が画面が大きいし音も大きいので迫力があって良いと思う。 銃の発砲音は劇場版では音が大きくて迫力があったし、ビルの倒壊シーンもテレビ版と比べて迫力がある。 ただ、ストーリーはテレビ版と同じなので、それについてはあまり楽しめない。 追加といえばテレビ版では永井圭に置き去りにされたカイがその後どうしていたかがマンガ版に習い追加されている。 後はテレビ版の続きが若干あるくらいだった。

テレビ版の最終回ではマンガ通りのストーリーになるとは思えなかったが、結局マンガ通りにストーリーが進むようで少し驚いた。

劇場版は少々、ストーリーが駆け足過ぎていて、テレビ版の方が各シーンをじっくり流しているといった印象。 どちらかといえばテレビ版の方が面白かった。

おわり。

ラノベ・マンガ・ゲーム・映画関連の感想文