小説「永沢君の詳細」(さくらももこ)の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2013/06/16(Sun) 14:30

内容

「てんこもり!! 永沢君」の中に収録。約50ページ。永沢君の出産から小学校2年生までのストーリー。

感想

永沢君の扱いがひどい。読んでいてひどいと思った。

よくこんな小説を書いたなと思う。著者が作ったキャラクターだから、その生い立ちも自由に決められるが、それにしてもひどい。

永沢君のモデルがいたかどうかは覚えていないが、もしいたとしたら本当にひどい。面白く書こうとしたのか、ひやかしのつもりで書いたのか、どうなのかわからないが、とにかくひどい。

本編のマンガはともかく、この小説はひどい。永沢君はアスペルガーっぽい感じで、親にも愛されていなかった模様。一人が好きで、生まれた時から、しかめっ面だったらしい。

永沢君に対して普段なんとも思っていない私でも、永沢君の扱いがひどくて憤慨するレベルの内容。マンガはそこそこ面白いので興味がある人はどうぞ。

印象に残ったこと

  1. 「私だってこの子に費やす時間が惜しい・・・」

    夫婦喧嘩の最中の言葉。この子とは永沢君のこと。

  2. 「泣き声は犬」

    作者によると永沢君の泣き声は犬らしい。

  3. 「もらったものをドブに捨てる永沢。ニコリともしない」

    永沢君の憎らしい行為の例として挙げられている。

  4. 「霊媒師 "天狗メラニー"」

    永沢君には霊が取りついている、という話になる。

ラノベ・マンガ・ゲーム・映画関連の感想文

ラノベ

マンガ

ゲーム

映画

その他

戻る