「ブラック★ロックシューター THE GAME」(イメージエポック)の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2014/01/25(Sat) 00:02

あらすじ

西暦2032年。地球は異星からの苛烈な侵略を受けていた。<彼女>が目覚めた時、人類は滅亡寸前の状況にあった(パッケージ裏より)。

感想

本作は私が去年の5月〜8月頃にかけてプレイしていたPSPゲームである。 ブラック★ロックシューターとは簡単に言うと髪と衣装が黒い初音ミクのようなキャラクター。 よくわからないがイラストレーターがそれを描いて、よくわからないが歌が出てきて、よくわからないがゲームやアニメになっている。 よくわからないことだらけであるが問題ない。

ちなみにアニメはOVAとそうでないものの2種類がある。 その2つはストーリーが異なる。 本ゲームも同様にアニメとストーリーが異なる。 まったく異なる。 まったく違う。 まったく違うが問題ない。 アニメはYouTubeで全話見られるので興味がある人は見るといい。

それでゲームの感想だが、ストーリー自体はそれほど悪くはない。 良くもないが悪くもない。 まさかそんな展開になるとは思わなかった、という点は多々あった。 そもそもゲーム開始の時点で人類が12人しか生き残っていない。 他の生物もほぼいない。 よくわからないが宇宙人にネブレイドされたらしい。 だが、ネブレイドとは何なのかがよくわからない。 ゲーム中に説明がない。 ただ「ネブレイド=丸ごと食べられて全ての情報と能力を奪われること」と思って問題ないと思う。

ゲーム中盤になると味方キャラが女性1人だけになってしまう。 そのキャラがひたすらムカつくため嫌になる。 その上、戦闘が面倒になる。作業ゲームに近い。 本編を終えると追加のストーリーがあり、そちらは中々、楽しめる。

本作はゲーム中に多くのムービーが挿入されている。 だが画像が非常に粗い。 というより、ぼやけている。 水彩画のようなムービーである。 それに反してオープニングにはかなり力を入れている気がする。 全ムービーがオープニング並みの出来であれば相当楽しめたと思う。 オープニングもYouTubeで見られるので興味があれば見るとよい。 個人的には、オープニングに力を入れすぎて燃え尽きて、あとはテキトーになったのだと思う。

ただストーリーはパワポケ14よりは楽しめたのでまあよい。おわり

印象に残ったこと

ラノベ・マンガ・ゲーム・映画関連の感想文

ラノベ

マンガ

ゲーム

映画

その他

戻る