「氷菓」(米澤穂信)の感想


伯爵レグホン大佐 2013/06/01(Sat) 23:31

内容

無駄なことを嫌う青年と無駄なことが気になる少女のミステリー小説。

感想

テレビアニメ版を3回くらい見たので、興味を持って読んでみた。アニメを見ていなければまず買わないであろう作品の1つ。アニメを見ていない人が読んで面白いかどうかはわからない。

ミステリー小説というのはタネが分かると面白味がなくなるのでつらい。初めて読むときは続きが気になって面白いが、2回目になると結末を知っているのであんまり。そういう時は視点を変えて読むと良い、と言う人もいる。しかし、それをする人はその作品を気に入っているとか、その作品が好きだという人に限られると思う。

ところでこの小説のタイトルは「氷菓」という。氷菓とはアイスキャンデーとかアイスクリームのことらしい。私はアイスキャンデーと聞くとアイスキャンデー売りの女性のことを思い出す。

アイスキャンデー売りの女性は戦争で子供を亡くした。その子供に向けて公園の地面にアイスキャンデーを置くのである。この小説は私の中ではアイスキャンデー売りの女性を思い出させてくれる作品となっている。

まあ小説を読むよりテレビアニメ版を見れば良いと思う。それで気になったら小説を読むと良い。そういう作品。

ただし、本の表紙にはアニメキャラが描かれており、レジに持って行くには勇気が必要。そんな人のためにキャラが描かれてない旧版のものも店頭で売っている。なかなか気が利いている作品だと思う。

ただし、ラストの結末は、私のように英単語テストで1点を取る人にはわかりづらい。そのため「我こそは英単語3000を極めし者なり!」という人におすすめ。3000あればわかると思う。残念ながら私には1000程度しかないが。

名言

  • 「どうしてだと思います、折木さん」

    どうしてかなんて知らんよ。と言いたくなるセリフ。

  • 「さあ、折木さんも!」

ラノベ・マンガ・ゲーム・映画関連の感想文