「アイネクライネナハトムジーク」(伊坂幸太郎)の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2014/10/19(Sun) 14:37

あらすじ

伊坂幸太郎は斉藤和義というミュージシャンから「恋愛をテーマにしたアルバムを作るので歌詞を書いてくれ」と言われた。 しかし、伊坂幸太郎は作詞はできないので小説を書くことにした。 その小説が本書である。 「出会い」をテーマにした物語。

感想

タイトルが長くて読みにくい。 この作品はタイトルだけでなく、内容もわかりづらい。 内容がわかりづらいのは、「現在」「数年前」「数十年前」などの構成で話を進めているからである。 伊坂幸太郎はこの手法をよく使う。

本書は各話がつながっている短編集だが、最終章のナハトムジークは構成が特に複雑で分かりにくい。 ナハトムジークは「現在」「19年前」「9年前」の話が順番に進んでいく。 読んでいて全くわけが分からないことはないが、「○年前」とかは読者からするとどうでもよい。

同著の同じような構成の作品として「フィッシュストーリー」や「ゴールデンスランバー」が挙げられる。 フィッシュストーリーを読んで違和感を抱いたり、読みづらさを感じたりしなかった人なら本書もスムーズに読めると思う。

本書は恋愛小説を無意味にミステリー風にした作品と思ってもらえば良いかもしれない。 各編にはさまざまな伏線や、読み返すと新しい発見があるらしいのだが、何度も読み返す気にはならない。 各編のストーリーが先日の「銀行強盗にあった事件」くらい短ければ、そんな気にもなれたのだが。

ストーリーは出会いを中心として構成されている。 誰が主人公なのかはよく分からないが、いろいろな人の出会いが描かれる。 出会いにもいろいろあるということだ。

ちなみに本書にはミュージシャンの斉藤和義も登場する。 彼は浮浪者のような姿で路上に座っており、100円を払うと払った人の気持ちをイメージして歌を歌う。 彼がストーリーの根幹に直接関わっているわけではないので一種のファンサービス、あるいは宣伝だと思う。 しかし、あとがきを読むまでは、彼が実在するミュージシャンであることに気づかない人も多いのではないだろうか。

本書を読み、斉藤達弘(原文ママ)というミュージシャンを知ることができた。おわり。

伊坂幸太郎の本の感想文