「バイバイ、ブラックバード」(伊坂幸太郎)の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2013/06/23(Sun) 15:59

内容

5股かけている青年がマツコ・デラックスと一緒に、5股被害者の女性たちと別れる話。全6つの短編からなり、1編ごとに1人ずつ別れる。太宰治の書いた未完の作品「グッド・バイ」のオマージュ。

感想

この作品は太宰治の「グッド・バイ」を元にして作られた作品である。「グッド・バイ」は主人公が2人目くらいの女性と別れたところで続きがなくなっている。太宰が死んだために続きがないのだとか。

そんなわけで「グッド・バイ」に出てくる「キヌ子」役として「ブラックバード」には「繭子」というキャラが出てくるのだが、これがどうにも「マツコ・デラックス」を想像してしまう。「繭子=マツコ」なのである。この作品は「繭子」ことマツコが暴れる話といったほうが分かりやすい。主人公の名前は「星野」というが、正直言って星野が5人の女性と別れる場面よりもマツコのほうが記憶に残る。

「グッド・バイ」のキヌ子以上に粗暴なキャラである繭子は、なかなか魅力的なキャラだと思う。繭子の前では主人公の星野がかすんでしまう。他の5人の女性のこともどうでもよくなるほど。まあ、太宰のグッドバイのキヌ子も結構めちゃくちゃなので、これで良いのかもしれない。キヌ子は声がカラス声で服が浮浪者だが、正装をすれば絶世の美女らしい。 しかし、繭子は正装してもマツコのままである。

本書には、本屋が宣伝のキャッチコピーを付けていて「長編5冊分にも匹敵する面白さ」みたいなことが書いてあったが、そこまで面白くはない。面白いといえば面白いが、長編5冊分には匹敵しないと思う。ただ、長編を5冊も読むとなると速読ができない人は結構な時間がかかる。だから長編5冊を読むよりも、こちらの方を読んだ方が良いと思う。

ちなみに主人公の星野は「あのバス」とかいうバスに乗って、ギアナ高地の奥のようなところに連れて行かれるらしいのだが、結局どこに連れて行かれるのかはわからずじまい。文庫版では明言してくれるかと期待したのだが、そうもいかなかった。

伊坂幸太郎の小説は単行本から文庫版になる際、かなり改訂というか加筆・修正が出るのだが、今回の「ブラックバード」にはほとんどそれがない気がする。他の作品の「あるキング」とか「モダンタイムス」とかは加筆・修正が多すぎて単行本の時と別物になっていたりする。

なにはともあれ、本書を読む際には「グッド・バイ」も読んだ方がいいかもしれない。

印象に残ったセリフなど

伊坂幸太郎の本の感想文

単行本未収録作品

戻る