「ホワイトカラーは給料ドロボーか?」(門倉貴志)の感想


伯爵レグホン大佐 2013/07/27(Sat) 00:14
ホワイトカラーは給料ドロボーか?

あらすじ

ホワイトカラーについて延々と語る。ホワイトカラーエグゼンプションが残業を増やす理由や、日本の生産性などについて門倉貴志が語る。

感想

本書はテレビ番組の「ほんまでっかTV」に評論家として出演している門倉貴志の書いた本である。門倉貴志の仕事ぶりを垣間見ることができる本と言える。

ちなみにあのテレビ番組で面白いのは門倉貴志のみだと私は思っている。さんまとか小杉とかぶつぶつの人よりも門倉貴志の方が面白い。門倉貴志は評論家であり優秀なコメディアンであると私は思う。

それはそうとホワイトカラーとは何か? デスクワークをしているのがホワイトカラーで、工場とかで体を動かしているのがブルーカラーで、デスクワークをしたり現場で体を動かしたりするのがグレーカラーだと私は思っている。

具体的にはホワイトカラーは次のような人ではないか。

そしてブルーカラーは次のような人ではないだろうか。

ではグレーカラーは何か? おそらく次のような人だろう。

さて、分類はしてみたが特に意味はない。ホワイトカラーはホワイトらしい。きっとカッターシャツが白いからなのだろう。ブルーカラーは作業着が青いのだろう。グレーカラーはグレーな存在である。

それはいいとしてホワイトカラーは一般的にはサービス残業をしているらしい。おそらくブルーカラーはタイムカード制なのだろう。しかし、タイムカードというのもタイムカードを押した後に働かされる可能性もある。

なにはともあれサービス残業というのは日本の伝統文化の1つだと思う。日本の3大文化は「サービス残業」「過労死」「休日出勤」となるかもしれない。

労働者? ああ労働者! 労働者・・・。松尾芭蕉の俳句は便利である。

印象に残ったこと

ロレックスコピー 投稿者:ロレックスコピー 投稿日:2013/07/26(Fri) 16:13 No.2458
なぜ虫になったかとかは重要でない話なので淡々と物語は進んでいく。
読んで面白い作品でもないし感銘を受けるわけでもないと思う。
有名だから読まれる作品の一つだと思う。
http://削除/index.html

当サイトの読書感想文「変身」(カフカ)の内容を一部コピーし、その下に有害サイトへのリンクを加えた投稿がありました。

人生・社会・経済関連の本の感想文

人生関連

社会関連

経済関連

戻る