「下流思考 〜学ばない子供たち 働かない若者たち〜」(内田樹)の感想


伯爵レグホン大佐 2013/06/13(Thu) 21:53

あらすじ

本書の主題は「学びからの逃走・労働からの逃走」らしい。講演で話をした内容を本にしてまとめたのが本書である。三浦展が書いた「下流社会」とは関係がない。

感想

この本の帯には「こっそり聞いた本当に面白い文庫」と記載されている。こういった新書のような類の本が面白いというのは何か変に感じてしまう。それはともかく、書いてあることが極端だったり、特に理由も根拠もなく、ただただ体験したことを、まるで世界のすべてがそうであるかのように他者に訴えることができるのは何故なのか。私はこういった本を読んでよくそう思う。中学生が登下校の途中に知らない人に声をかけられて、何かよくない薬を渡されることに似た内容だと思う(管理人の注釈。そんなことはあり得ないという意味で。啓蒙のポスターにはよくそういうことが描いてありますが……)。

実際にはそういった例があるかもしれないし、ないかもしれない。今の大学生の英語のレベルは、著者の時代の中学校2年生と同じレベルですと言われても「ああ、そう」くらいに感じる。というよりも、それはどうやって調べたのか。

大学で研究していて実感したが、データなんていくらでも作れる。自分のほしいデータに合わせることは、やり方によっては可能だから。まあ私は英語力が中学生レベルだから当たっているとも言えるが。しかし、だからと言ってすべてがそうだとは限らないだろうに。

最近の人はわからないものをわからないままにできるという。単に興味を持っていないだけにも思える。興味のあることは調べるだろうし、ないことは調べないと思う。

こういう本をいくつか読んでみて分かったが、こういった本に書いてあることはうのみにしないほうがいい。みなさんはテレビ番組の「ホンマでっかTV」を見たことがあるだろうか? 新書や意見本などはそれと同じレベルの内容だと思う。そういう意味では帯にある通り「面白い本」ではある。

名言

  1. 「ですから、教室は不快と教育サービスの等価交換の場となるわけです」
  2. 「大学さえ選ばなければ、小学校の低学年で学びを放棄した子どもでも大学生になることができる」

こういう本は「つまり」とか「ようするに」とか「ですから」と言って「いったいなんでそうなるのか?」と思うことを書いてあるところが面白いポイントだと思う。2. は完全に私のこと。大学全入時代ってすごい!!

人生・社会・経済関連の本の感想文

人生関連

社会関連

経済関連

戻る