「人生はニャンとかなる!」 & 「人生はワンチャンス!」(水野敬也、長沼直樹)の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2014/03/01(Sat) 15:54

あらすじ

シリーズ累計95万部突破! 明日に幸福を招く68の方法!! 仕事も遊びも楽しくなる65の方法!!! 1枚1枚切り取って使えます!!!! と帯に書いてある。

感想

本書は猫と犬が大切なことを教えてくれる本である。 そう書いてある。 そう書いてあるから、そういうことにしておく。 基本1枚の紙の表に犬猫の写真と一文が記載されており、裏面は表の一文の解説と、その一文に類似した偉人の名言が記載されている。 そういう構成の本である。

猫は68の方法を教えてくれるが、犬は65の方法しか教えてくれない。 だからといって犬は猫より不親切というわけではない。 なぜ犬は猫より教えることが3つ少ないのかは謎である。

どちらも似た内容なので興味がある人は犬でも猫でも好きな方を読むと良い。 私が書店で買ったときは1冊1,400円だったので2冊とも購入するのはお金がもったいないかもしれない。 それぞれの写真がページごとにあるので猫好きなら猫の方にすれば良いし、犬好きなら犬の方にすれば良いと思う。

ちなみに本書は1ページごとに切り取ることが可能らしい。 私は切り取っていないのでページが切り取りやすいかどうかはわからないが、切り取ってどうするのか? そう思う人もいると思う。 本書では切り取ったページを次のように使用しましょうと勧めている。

  • お気に入りのページを切り取って貼ったり、友人や家族にあげることもできます。
  • みんなの見えるところに
  • いつも目につくところに
  • 居眠りしている不真面目な部下へのアドバイスとして

誰か購入したら切り取って私の代わりに上記のように使用してもらいたい。 私は絶対にやらないが。

犬猫好きだが動物の写真集なんて購入したくない人におすすめの本だと思った。 写真も画像がきれいで、中々ユニークなものが多く面白いと思う。写真だけでも500円くらいは出せる。 解説は200円くらい。合わせて700円くらい。 本書は1,400円なので、あと700円足りていないが、残りの700円は経費ということにしておこうと思う。

おわり。

印象に残った文

  • 「身を削る覚悟」……猫版の文。写真は毛皮を刈られ、みすぼらしくなった猫。身を削ったことが分かりやすくて良い。
  • 「肩の力を抜こう」……同じく猫。肩の力を抜きすぎた写真。スロープにもたれかかり、ボーっとしている。力が抜けていることが分かりやすくて良い。
  • 「犬の一生は短い。欠点はそれだけである」……犬版の見出しの一文。犬の欠点を考えたことはなかった。
  • 「待つのも仕事」……相手は待ってくれない。犬版の文。

人生・社会・経済関連の本の感想文