「心配事の9割は起こらない」(枡野俊明)の感想


伯爵レグホン大佐 2016/02/28(Sun) 17:25

あらすじ

世界が尊敬する日本人100人に選出されたらしい、禅僧にして大学教授で庭園デザイナーとしても活躍している著者が優しく語りかける人生のコツが書いてある本。

感想

30ページくらい読んだところで、心配事がなくなったような気と、どうでもよくなったような気と、ちょっと本書が面白くないような気がして、それから読むのをやめました。

おわり。


管理人の注釈。著者に失礼では? 最後まで読んでから感想を書くべきでは? もしかすると、たった30ページ読むだけで、わざわざ読書感想文を書きたくなるくらいに、いろいろな「気」がする、心を動かされるような良い本だったのでしょうか?

社会・経済・人生関連の本の感想文