下流社会<上> 〜新たな階層集団の出現〜
下流社会<下> 〜なぜ男は女に"負けた"のか〜
(両方とも三浦展さんが書いた本)
★★★
伯爵レグホン大佐 2013/06/29(Sat) 23:40
内容

三浦展の著書である下流社会の上巻および下巻。 上巻は世代ごとに分類・分析を行っている。 また、ある世代においては○○系という分類をして、さらなる分析を行っている。 アンケートによる調査を行い、それをもとにグラフや表を作成し、説明している。

下巻は特に若者について書かれており、若者をグループごとに分類している。 ニートについても触れているが、ニートに認定されるのは大体男性のみである。

三浦展の展は「あつし」と読む。 「てん」ではない。

感想

この本で特筆すべきは調査の手法についてである。 本書は調査を基に様々な表などが掲載され、それを論拠として話が進んでいく。 ところがこの調査は対象人数が5人〜50人くらいと幅が広く、少ないものでは10人程度あるいはそれ以下だったりする。

どういう調査をしたのか知らないが、自分に都合の良いデータだけを集めて表を作成しても意味がない。 調査の場所によって全く違う結果が出るかもしれないし、たぶん三浦展のような結果は出ないだろう。

上流・中流・下流の3項目が調査対象として出てくる。 今や中流と下流の人数は同程度らしい。 まあそんなことはどうでもいいのだが。 下流は自分らしさを求めるとかなんとか。 これについては他の本でもよく書かれている。 青い鳥を目指して進んでいく若者が最近多いとか。

とりあえずこの本は、というか、これ以外のこういった作品も含めて、内容を鵜呑みにしない方が良いということを教えてくれる。 ファンタジーとして読むのがちょうどよいかもしれない。

印象に残った内容

よくこんな分類を思いついたと思う。これは面白い。

管理人の注釈。 女は「Aラン出世」と「専門で手に職」以外はみんな結婚して仕事を辞めたいのですね。

人生・社会・経済関連の本の感想文

人生関連

社会関連

経済関連

戻る