カラー版 中学3年間の英文法を10時間で復習する本(稲田一)
★★★
伯爵レグホン大佐 2014/01/18(Sat) 01:23
あらすじ

中学校3年間の英語をコンパクトにまとめた本。コンパクト六法よりはるかにコンパクト。 「シリーズ累計60万部突破!!信頼のロングセラー!!」と帯に記載されている。

感想

感想の前にどうでもいいが本サイトのトップページにお絵かき掲示板が消えるとか消えないとか書いてあった。 私は絵は定期的に描くものではないと思っているので描くことはそうないだろうと思う。 私が絵を描くときというのは、大抵が何かこうインスピレーションみたいなものを感じたときなので、定期的に描くわけではない。 私が定期的に描いた絵など、ろくなものではない。 ということで何か感銘を受けることがなければ絵を描くことはないだろう。

そもそも私は最近忙しい。本書から言葉を借りれば私は現在、次のような状態である。

さて、それはいいとして感想を書こうと思う。 こういう本の感想にはいつも書いていると思うが、10時間では中学校3年間の英文法をやり直せない。 中学英語をあらかた理解している人や速読ができる人、ただ読むだけの人は10時間でもやり直せるかもしれない。

ちなみに私がこの本を購入したのは去年の5月のゴールデンウィークのときである。 今は1月。5月からずっと読んでいた訳ではないが、それでも読み終えるのに5か月くらいはかかっている。 私は本書を通勤電車でしか読まないため中々進まない。1日大体4ページくらいしか読めない。 本書は240ページある。240ページ÷1日4ページ=60日。60日÷出勤20日=3か月。 どうでもいいがとにかく10時間では無理である。

本書は全ページカラーなのでキレイで良い。 白黒ではやる気が出ないと言う人もたまにいると思うので良いと思う。 カラーだと文字に色が付いているので見やすい。その点は良い。

本書を読んだおかげでトップ絵の英文の意味がやや分かった。

トップ絵

I'm done with mowing the lawn.

という英文であるが、 どうやらdoneとはdoの親戚のようなもので、恐らく「do did done」みたいなやつだと思う。 「go went gone」と同類なのだろう。withは「一緒に」とか「〜で(道具)」とか言う意味があるらしい。 ではmowingとlawnは何なのか。

そこで以前、感想を書いた「ポケット版 実用英和・和英辞典」で調べてみると、 mowingはmowの派生的なものであることが分かった。 mowは草を刈るという意味らしい。mowing machineと書いて草刈り機らしい。 ingは現在進行形の事だと思うので草を進行形で刈っているのだと思う。

ではlawnとは何か? lawnは辞典によると芝生、草地という意味らしい。 ということは草を現在進行形で刈っているということになる。 doneは3つ目なので過去分詞のはず。なのにingで現在進行形。 過去分詞は現在完了のときに使うものだという認識があるので現在完了で進行中ということになる。 いみがわからない。

ということでまとめると次のような意味になる。

「私は芝生の草を刈っている(前から刈っていて今も刈っている途中)」

あるいはこういう意味だと思う。

「私は芝生を先ほどまで刈っていたが終わった」

解答によると、この英文の意味は「終わりました。芝刈りは」なので合ってはいない。

ただ本書を読んだことで「私はdoneで、そのlawnで、一緒にmowingした」 という解釈から「私は芝生の草を刈っている(前から刈っていて今も刈っている途中)」 あるいは「私は芝生を先ほどまで刈っていたが終わった」 まで変化したわけで、そういう意味では読んで良かった。

ところで本書を読んでいて、私は別の問題に気がついた。 本書には「不定詞」だの「前置詞」だの「目的格」だの「主格」だのといった言葉が出てくる。 ところがそれらの言葉、日本語としての意味が私には分からない。これは困った。 ほとんどの英語の本はこれらの言葉を使ってくる。 ということで今度からは国語の勉強を始めるべきかもしれない。

ということで終わり。 ちなみに私は本書を読むまで「done」は「ドゥーン」と読むのだと思っていた。 ちなみに正解は「ダン」。そういえば昔、「団田 団」というキャラクターがいた気がする (管理人の注釈。月刊誌コロコロコミックに連載されていた「デュエル・ジャック!!」という漫画に登場)。

印象に残った英文
勉強関連の本の感想文

英語

数学・理科

その他

戻る