「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」
(テッド・エリオット、テリー・ロッシオ/脚本 鈴木玲子/ノベライズ)の感想

★★
東インド貿易会社の伯爵レグホーン大佐卿 2013/07/15(Mon) 12:48

あらすじ

主人公ウィルは犯罪者のジャック・スパロウを前作で救ったため犯罪者扱いされてしまう。さらには人食い島で食べられそうになったり、幽霊船に乗ったり、クラーケンが出たりと、いろいろ。

感想

3作目の「ワールドエンド」の感想でも書いたが、パイレーツの映画は内容を理解しづらい。映画だけを見ていると、なんでこんなことになっているのかが分からないという事態になってしまう。視聴者は置いてけぼりなことが多いと思う。小説を読むと背景とか登場人物の考えていることとかが分かるので映画のストーリーを理解しやすくなる。映画は傍白がないため、なんでそんな行動をとるのかがサッパリ分からない。

この前の土曜日にロード―ショーをしていた。土曜シアターか、日曜洋画劇場か、金曜ロードショーか何か知らないがそんなやつである。番組の時間は2時間30分だった。ちなみに映画は本編で150分(2時間30分)ある。しかし、テレビ版はCM含めて150分なので、結構シーンがカットされている。

さっきも言ったがこの映画は内容を理解しづらい。時間短縮のためにシーンをカットすると、ますます訳が分からなくなる。次の土曜日には3作目をテレビで放映するらしい。3作目は本編169分(約2時間50分)である。全部放送した場合は21時から始めて23時50分に終わる。結構な数のシーンカットが必要と思われる。

2作目に入ると主人公のウィル・ターナーの小物ぶりに拍車がかかり、こいつは本当に主人公なのかという疑問が頭に浮かぶ。ジャック・スパロウに主人公の座を奪われがちである。ドラえもんの主人公はのび太なのに、ドラえもんの主人公はドラえもんだと思われているのに似ている。

3作目のウィルは、もう見ていられないくらいの屑っぷりで、人を裏切るは、騙されるは、また裏切るは、挙句の果てに突然ヒロインに結婚してくれと言い出す。ウィルはドラゴンボールでいうヤムチャみたいなキャラだと思う。

ちなみに2作目をちゃんと見ていても3作目は最初のシーンからもう意味が分からない。いつの間にそんなことになったのか。やはり状況は絶えず変化するものなのか? と思うわけである。

印象に残った箇所

  • 「もう提督なんかじゃない。なにも聞いてないのか?」

    前作で提督だったジェームズ・ノリントンはジャックを捕まえるためハリケーンに突っ込んで部下を殺してしまい、その責任を取って落ちぶれたらしい。しかし、そんなことは本書でも映画でも触れられていないため、彼がいつハリケーンに遭遇したかなんて誰も知らない。なにも聞いてないよと言ってやりたい。

  • 「東インド貿易会社のカトラー・ベケット卿」

    なんかすごい。私もハンドルネームを「東インド貿易会社の伯爵レグホーン大佐卿」とかにすればすごみが増す気がする。

話題作の感想文