探偵ガリレオ(東野圭吾)

★★
伯爵レグホン大佐 2013/06/21(Fri) 21:12

あらすじ

大学の助教授の湯川と、刑事の草薙が、事件を解決していく短編集。内容はドラマとだいたい同じだが若干、差異がある。

感想

ドラマ版は見たことがあったが、小説は読んだことがないので購入した。テレビでは主人公の湯川を演じる福山雅治が何か数式を書き始めて事件を解決するのだが、小説ではそんな描写は一切ない。

というよりも湯川が事件を解決しているという感じがしない。いつの間にか、やけにあっさりと犯人が捕まる。そしてその後に湯川がトリックを実験で再現するというシステム。ドラマのように湯川に頼りっぱなしという感じがない。警察が仕事をしているという感じ。

それはともかく、この小説の湯川からは福山雅治を想像しにくい。小説の湯川は福山雅治のようにイケメンなイメージがない。偏屈な中年としか感じない。ドラマは人気があるのかどうかは知らないが、あるとしたらそれはこの小説の内容というよりも、福山雅治の人気がドラマの人気を牽引しているという気がする。単に福山雅治がカッコイイだけだと思う。

この小説自体はさほど面白くないと思う。ミステリー小説か推理小説かジャンルはわからないが、推理しようがないのでミステリー小説といえる。ただ犯人が誰だろうとどうでもよいので、私は推理できるかどうかは気にしていない。とりあえず私が思うのは、ドラマで湯川を演じる役者が福山雅治で本当に良かったということである。

印象に残った文章あるいはセリフ

話題作の感想文

半沢直樹シリーズ

カリビアンシリーズ

その他

戻る