「共喰い・第三紀層の魚」(田中慎弥)の感想

★★
伯爵レグホン大佐 2013/06/13(Thu) 22:18

あらすじ

  • 共喰い

    父親は性行為をするときに相手を殴るくせがある。そんな父を嫌悪しつつ、結局自分も性行為時に彼女を殴るという話。

  • 第三紀層の魚

    勲章をめぐるサスペンスドラマ。昼の13時30分くらいに実写ドラマで流すと良いかもしれない。

感想

  • 共喰い

    蛙の子は蛙という、ことわざがある。要はそういう話。そう考えると暗い話だと思う。結局、血筋の壁は越えられないということになるのか、それともならないのか。

    著者は芥川賞を受賞したらしい。テレビで見た記憶がある。帯にも書いてあるし、著者は有名人かもしれない。

    芥川賞とはどういう作品が求められるのか。よくわからない。芥川はどう思っているのか。

    最近の作家は自殺しないのか、それともするのか。

    どうでも良いことかもしれません。

  • 第三紀層の魚

    「共喰い」は方便からして山口あたり。こちらは山口よりも四国に近いかもしれない。読むと祖母のことを思い出す話。それだけ。

名言

  • 共喰い
    • 「首絞めたこと許してくれんでもええけえ、するだけしてくれんか?」

      主人公の少年のセリフ。父親を嫌悪している場合じゃないと思う今日この頃。

  • 第三紀層の魚
    • 「地下鉄って深いん?」

      深いんじゃない? よく知らないけれど。ちなみに本書には上記2つのストーリーの他に約40ページの著者と瀬戸内寂聴の対談がおまけとしてついてくる。興味がある人はどうぞ。

話題作の感想文