国泰寺の観音様
(原作:因数分解、執筆:イナゴ妖怪、加筆・修正:管理者代行)

★★★
伯爵レグホン大佐 2013/08/30(Fri) 01:21

あらすじ

或る日の出来事でございます。市議会議員の観音様は会議中に突然、リストラを宣告されてしまわれたのです・・・。観音様はリストラのショックにどう立ち向かうのでしょうか・・・。

感想

「国泰寺の観音様」はRPGツクールとかいうゲームソフトでこのサイトの初代管理人・因数分解が作成したゲーム「国泰寺の観音様」を原案として作られた。

このゲームは学校を舞台としている。なお、ゲーム開始時に主人公である「観音様」は生徒として教室の机の椅子に座っている。そしてゲーム開始直後に教壇に立つ先生から「かんのん、おまえはくびだ」と言われるのである。

くびを宣告されるまではいいが、その後は何の展開もない。教室には他にも生徒がいるが、話しかけても誰も話さない。先生も「くび」と言った後は何も話さない。何もできないので教室から出ようとしても出られない。出口に邪魔者がいるのである。人が立っており、出口を封鎖している。要は出られないのである。

教室から出られない。話かけても誰も会話をしてくれない。ストーリーは進まない。それが「国泰寺の観音様」というゲームなのである。そんなゲームが作られてから何年後かは知らないが、このサイトの3代目管理人のイナゴ妖怪により作られたのがこの物語「国泰寺の観音様」なのである。

おわり。

印象に残ったこと

  • 「観音様には、夢があった。文官になることである」

    文官と武官のどちらになりたいか迷いどころ。ところで宮内庁で働くには、どうすれば良いのでしょう。ハローワークで募集してないですか。

  • 「君の代わりなんていくらだっているんだよ?」

    平社員でも社長でも総理大臣でも大統領でも、君の代わりなんていくらだっているんだよ?的なセリフ。

未分類の本の感想文