「ドテツー架空戦史集 WWI編 〜第三帝国の存亡〜」
(小沢治三朗。元総帥)の感想

★★
伯爵レグホン大佐 2013/10/06(Sun) 22:28

あらすじ

この話の内容は全て事実を元にしたフィクションです。実際の人物、団体名とはあまり関係がありません。差別主義圏国家と帝国主義国家の戦いの話。

感想

本作品の著者である総帥こと総ちゅいこと小沢治三郎ことオザちゅいは、当サイトのリンク集にもある「ドテツー第四帝国」の管理人である。

彼はペーパークラフトが得意らしく戦車や戦艦をペーパーでクラフトしているようである。彼はパワポケだけでなくポケモンも好きなようでポケモンもペーパーでクラフトしている。そんな彼は掲示板に投稿する際は、アイコンとしてパワポケ3の「ネロ」を好んで使用する。また彼は、掲示板に投稿する際には、文章の最初の一文字目を開けるべきだという信念を持っている。

彼の紹介はこの辺で切り上げるが、彼のサイトは非常に見づらいので何とかした方が良いと思う。管理人の注釈。index.htmlが同人サイトや素材配布サイトでよく見かける、いわゆるエンターのページのようになっており、そのページ内にある、サイトメニューに移動するリンクをクリックしても反応がないため、帝都環状線や大陸横断鉄道でつながっていないページは見ることができない(リンク自体は張られているのですが、たぶん表示位置の設定がおかしくて、メニューへのリンクが他の文字と重なっており、クリックしても反応がない。今2019年ですが、あらためてソースを見てみると、ホームページビルダーでサイトを作っていて、灰色の背景色もカラーコードで表示しているのではなく、灰色の画像を使っていたのですね。新発見です)。そもそもトップページの建設省、外務省とは何なのか。コンセプトとしては面白いのだが、初見の人には意味不明であるので残念に思う。と、この辺でサイトの説明も切り上げたいと思う。

WWI編は全4話のようだが、彼が一話の先を書かないので二話以降は不明である。しかし、近代編でドテツー第四帝国という国家が登場するため、帝国は存在しているらしい。未来編があれば第五帝国になるのだと思う。また過去編では第一帝国、第二帝国が登場すると思われる。

ストーリーによると差別主義圏国家は突然出現したにもかかわらず、多くの国を取り込み、かなりの国力を持っているようである。差別主義圏国家とドテツー以外の国は登場しないので、差別主義圏国家に入らなかった国は一体何をしているのかは分からない。ただドテツーは、差別主義圏国家以外からは外貨を獲得できていないようである。

一話しかないので評価は付けがたいが、とりあえず私が書いた小説よりはマシだと思える。ただ彼が書いたのは小説ではなく戦史なので比べるのはどうかとも思う。たぶん苫米地もそう言っている。取り急ぎ終わり。

印象に残ったこと

  • 交通網案内
    大陸横断鉄道
    [海軍省]← 帝都 →[外務省]

    いみがわからない。

  • 所属兵器データーベース
    レグホーン級軽空母
    因数分解級(攻撃潜水艦)

    インパワ連邦は滅亡したと思われる。みんな今頃、一体何をしているのか。

未分類の本の感想文