「オセロー(シェイクスピア/著 福田恒存/翻訳)」の感想

★★★
伯爵レグホン大佐 2013/08/10(Sat) 10:44

あらすじ

イアーゴーという旗手は出世できず、人事を決めている上司の将軍オセロ―をとても憎んでいた。自分は副官になっても良いほどの存在なのに、なぜ副官に任命されるのは「マイケル・キャシオー」と名のるフローレンス人なのだろうか? オセロ―が憎いので、オセロ―とその新妻とついでにキャシオーを酷い目に合わせてやろう、という話。

感想

オセローはオセロの由来らしい。ウィキペディアにはそう書いてある。ちなみにオセロと同じゲームで名前だけが違うリバーシというのもある。こちらは源平碁とも呼ばれるらしい。

要はオセロはオセローで、リバーシは源氏と平家ということなのか。そういうことにしておこうと思う。ちなみにオセロのキャッチコピーとして「覚えるのに1分、極めるのに一生」というものがあるが、オセロを覚えるには1分以上かかると思うのだが。

そういえば昔「極めればシーザー」というキャッチコピーのCMがあった気がする。犬のエサのCMである。詳しい内容は覚えていないが、たとえ犬でも極まるとシーザーになるらしい。

それはそうとオセローはムーア人らしい。ムーア人は肌が黒いらしい。しかし、別に差別されているというわけではないらしい。その点、複雑なのである。ちなみに妻はデズデモーナという名前なのだが、何だかすごいというか、恐ろしい名前だと感じてしまう。デズデと来て、次がモーナなのだから仕方がない。デズデモーナ……。ゲームのラスボスみたいな名前である。

管理人の注釈。ドラゴンクエスト6のラスボスは「デスタムーア」です。一応ダークドレアムもいますけれど。

イアーゴーは副官になれなかったことをとても憎んでいる。イアーゴーはなかなか大した人物で人を騙すのが得意である。騙される将軍オセロ―が、普通の人よりも騙されやすいだけかもしれないが。ロダリーゴーもイアーゴーに騙されて金が無くなり、しまいには刺されて、いつの間にか絶命している。

将軍オセローは実直、素直な人物で思慮がやや欠けており、イアーゴーには絶大な信頼を置いているらしい。将軍オセローから見るとイアーゴーは誠実な男らしい。そういう見方をしているから騙されたのか、それともイアーゴーがすごいのか、どうでも良いか。

ところでなぜキャシオーが副官に任命されたのかが私にはよくわからない。イアーゴーによるとキャシオーは戦場で指揮をとったことが一度もなく、口先だけの男らしい。口先だけというが、イアーゴーも言葉というか、喋りにはかなり高度な技術を持っていると思うが。人を騙しているし。

印象に残ったセリフ

  • イアーゴー「単なるお喋りだけの実践抜き、軍人としてのやつの身上はそれに尽きるのだ。しかも、そいつが、おい、聴け、大将のお眼鏡にかなったというのだぞ。」

    軍人としてのキャシオーは、お喋りなだけの人物。なぜ将軍オセロ―はこれを副官に任命するのか。実は実戦経験があるのか?

  • イアーゴー「財布に金を入れておくのだぞ」

    イアーゴーがロダリーゴーに対して5回以上言うセリフ。ロダリーゴーは土地を全部売り飛ばし、そのお金を財布に入れて破産する。

昔の名作の感想文