「リチャード三世(シェイクスピア/著 福田恒存/翻訳)」の感想

★★★★
伯爵レグホン大佐 2013/08/01(Thu) 22:56

内容

残苦の冬も去り、天日も王家の身方。ようやく平穏が訪れた。しかし、ブサイクな主人公・グロスター公(後のリチャード三世)は、みにくい自分は平穏な世界では評価されないことに絶望。絶望のあまり、悪人を演じ、一族および自分のほかに王になる可能性がある人物を次々と手にかけていく。やがてグロスター公はリチャード王になるが、シェイクスピアの作品らしく、いつも通り反乱が起こり敗北する。

感想

歴史を基にした作品は登場人物の名前が同じようなものばかりで区別がつきにくい。あいつもリチャードでこいつもリチャード、あそこにいるのもリチャード、というような状況に陥り、訳が分からない。

彼女はエリザベス。彼女の娘もエリザベス。先祖もエリザベス。あいつはエドワード。こいつもエドワード? じゃあ、こいつはどのエドワード? お前が殺したのは私のエドワード。お前のエドワードはあのリチャードによって殺された。わけがわからない。

高校で世界史を習ったが記憶にない。中世ヨーロッパについては革命、ロック、ルソーくらいしか覚えがない。リチャード、ヘンリー、薔薇戦争は記憶にない。子供の頃「ベルサイユの薔薇」というマンガを読んだことがある。しかし、やはり記憶にはない。あのマンガで記憶にあるのは「アンドレ」と「オスカル」。あとは「天然痘」くらい。

それはさておきストーリーはなかなか面白い。グロスター公が次々と人々を殺していく。グロスター公が王になった後は、腹心だったバッキンガム公も裏切り者扱いする。疑心暗鬼の塊みたいな感じだと思う。

それはそうとグロスター公は、不恰好のわりには、殺害したエドワードの妻(アン)を言いくるめて結婚するという荒技を行う。これは相当すごい。夫を殺した張本人と結婚するアンもすごいと思うが。しかし結局アンは、途中でグロスター公に消されるという哀れな末路を遂げてしまう。グロスター公は自分が不恰好だから悪人を演じ、悪魔の手先になるという自分勝手な人物である。そういうイメージが強い。アンやエリザベスは憎むべきグロスター公に言いくるめられる残念な人に思える。バッキンガム公やヘイスティングズ卿、クラレンス公も信頼していたグロスター公によって処分されるという悲しさ。

それはそうと終盤にはリッチモンド伯という人物が出てくる。リッチモンド伯ヘンリーというらしい。よくわからないが彼はグロスター公に勝つ。なぜか勝つ。そしてなぜか王になる。

印象に残ったこと

  • グロスター「つまり、俺はウォリックの末娘を貰う。あれの夫と舅はおれの手にかかって死んだ、が、それがどうした?? むしろいちばん手っ取り早い償いというものだ」

    すごい理屈でアンを手に入れようとするグロスター公。

  • ヘイスティングズ「間違いない、公はこの一座の誰にも悪意を抱いてはおられぬ。それがあれば、とうにお顔に出ているはずだ。」

    残念なヘイスティングズ卿の言葉。

  • リチャード王「その頭、ついこのあいだまでは、それほど鈍くはなかったがな」

    残念なバッキンガム公に対するリチャードの言葉。

  • リチャード王「リッチモンドの奴、六人もいるらしいぞ、もう五人殺した、みんな影武者だ。馬をくれ! 馬を! 代わりにこの国をやるぞ、馬をくれ!」

    リチャード王(=グロスター公)、最後の言葉。

昔の名作の感想文