私の択一式の解答時間

平成30年(2018年)度試験(戻る

全問アの肢から読み始めて、途中で答えが分かってもオの肢まで読み、各問につき答案用紙に答えをマークした後に腕時計で時間を確認し、今が1時何分かをメモしました(土地家屋調査士試験の午後の部は1時から始まる)。

試験問題の訂正

試験開始前に試験問題に訂正があることを伝えられ、試験の制限時間を1分延長すると言われました。

各受験生に配布済みの訂正表には「ページ28 第22問 問2 問題文 (2行目)」と「ページ31 第22問 【事実関係】10 (1行目)」が訂正箇所であると書かれていたのですが、私はそれを見て「28ページの2行目」と「31ページの1行目」が訂正箇所だと勘違いしてしまい、訂正箇所をすぐに見つけることができなくて、試験問題を訂正するのに4分くらいかかってしまいました。

訂正表の様式
ページ28
該当
箇所
第22問 問2 問題文 (2行目)
【事実関係】の増改築の工事後に必要となる登記申請について,
【事実関係】の増改築の工事後に必要となる登記申請について,
ページ31
該当
箇所
第22問 【事実関係】10 (1行目)
10 本件建物の現状は,前記の増改築工事により,
10 本件建物の現状は,前記の増改築工事により,

ちなみに「ページ28」や「第22問」などの2桁の数字には半角文字が使われていましたが、「問2」や「2行目」などの1桁の数字には全角文字が使われていました。ウェブブラウザによっては、全角文字は強制的に半角文字に変更されていることもあるので一応。

かかった時間

平成30年(2018年)度試験
かかった時間(累計)
第1問5分
第2問6分
第3問7分
第4問9分
第5問11分
第6問12分
第7問14分
第8問15分
第9問17分
第10問18分
第11問22分(4分もかかっている!)
第12問23分
第13問24分
第14問26分
第15問27分
第16問28分
第17問30分
第18問32分
第19問33分
第20問35分

ちなみに記述式のほうは、問題用紙に真数表が載っていなかったため座標値が出せず、建物の厚壁のことは最初に問題文を読んだときに問題用紙にチェックを入れていたのですが、各階平面図を書くときにはそのことを忘れていました。試験終了間際になってそのことを思い出しましたが、時間的に手遅れでした。この試験の制限時間は、問題に1回答える分の時間しか用意されていないため、後からミスに気がついても修正する時間がなく手遅れです。

平成29年(2017年)度試験(戻る

全問アの肢から読み始めて、途中で答えが分かってもオの肢まで読み、各問につき答案用紙に答えをマークした後に腕時計で時間を確認し、今が1時何分かをメモしました(土地家屋調査士試験の午後の部は1時から始まる)。

平成29年(2017年)度試験
かかった時間(累計)
第1問2分
第2問4分
第3問5分
第4問8分
第5問10分
第6問12分
第7問13分
第8問16分
第9問17分
第10問19分
第11問20分
第12問22分
第13問23分
第14問24分
第15問26分
第16問28分
第17問30分
第18問31分
第19問32分
第20問34分

ちなみに記述式のほうは、各階平面図に主である建物を書きませんでした。

平成28年(2016年)度試験(戻る

1問につき肢を2、3個しか読まずに「26分」で解きました。全肢読んでいたら倍の「52分」くらいかかっていたかもしれません。ちなみに記述式のほうは、どうして分合筆をさせないのかを悩みながら分筆、論述は「土地表題登記と建物合併登記の2つ。土地と建物は1つの申請情報で申請することができない」旨を書きました。

戦後日本を統治した組織をアルファベット3文字で答えなさいと言われて、「え? 連合国軍最高司令官総司令部ではないの? どうしてアルファベット3文字? そうかUSAか。はいUSA!」と答えてしまう人にとっては難しい試験なのかもしれませんね……(答えはGHQ)。

ほかにも「新大陸を発見したのは何人?」と尋ねられて、「白人」と答えたり……(コロンブスは何人? イタリア人?)。


年度別の過去問解説集を使って、時間をはかって択一式の問題を解くことで、自分が何分くらいで択一式の問題を解けるかを知ることができます。年度別の過去問題集を解かないと、試験本番になるまで、自分が何分くらいで択一式の問題を解けるかを知ることができず、時間配分の計画を立てることができません。