択一式の過去問

何がいるか?(戻る

過去問題集は3種類必要です。1つ目は普段の勉強に使う分野別の過去問題集、2つ目は時間配分を考えるときに使う年度別の過去問題集、3つ目はそれらの過去問題集に収録されていない新しいほうの過去問を補うために使う補充用の過去問題集です。

以上3つの過去問題集に加えてさらに、普段使いの分野別の過去問題集の中に、問題の解答が載っていなかったり、解説に脱字があり、意味がよく分からない肢があったりしたときのための手っ取り早い解決策として「他社の過去問題集の中からそれと同じ問題を探し出してその解説を読んでみたり、抜けていた問題の解答を確認したりする」という方法があるため、そのための比較用の過去問題集も手元にあったほうが良いでしょう。

たとえば「新版 択一過去問マスターⅠ」(第四版)ではH24-18の解答が抜けており、「新版 択一過去問マスターⅡ」(第四版)ではH14-16-イの解説が不自然な日本語になっており、意味がよく分かりませんでした。同シリーズの記述式の過去問(第二版)のほうでも、古いほうの過去問の解答例(土地ならs62-16の求積表のXn1の部分、建物ならs42-4の地番)に誤字脱字があり、最初の方でくじけやすくなっていたと思います。

択一式のテキストの紹介ページのほうでも書きましたが、独学を選んでいるのにテキストや過去問を1シリーズしか用意していないというのは問題です。予備校利用者が少しの本で勉強を進められるのは講義を受けたり、質問したりすることができるためです。分からないことはすべて自分で解決しなければならない独学者が、調べ物に使える先を1つしか持っていないというのでは、その1つで問題が解決しない場合には勉強に行き詰ってしまいます。

要は過去問題集の役割は4種類に分けられます。分野別、年度別、補充用、比較用の4つです。

分野別の過去問(戻る

私は分野別の過去問題集は、東京法経学院の「択一過去問マスターⅠ・Ⅱ」を使いました。市販の分野別の過去問題集の中で収録年数が一番多いのはこれだったためです。

過去問一覧

分野別。平成元年〜平成29年度(29年分)+昭和の重要問題を収録。B5判。昭和の重要問題は私が持っている第四版の時点では17問収録されていました。メインは平成です。

私は書店で第六版のⅠの現物を見て、一瞬ぎょっとしました。これまで私が使っていた第四版のものと比べると、ずいぶん分厚い本になっていたためです(800ページもある。第四版のⅠは593ページでした)。ここまで大きくなると持ち運ぶのは大変そうです。Ⅰ・Ⅱ合わせてかなり重いです。

  • 土地家屋調査士 新・合格データベース(第十版)

    一番お勧め。肢別(肢ごとに分野別)。昭和41年度〜平成30年度(53年分)の過去問を収録。直販教材(一般の書店では販売されていない教材です。販売元の東京法経学院の公式サイトから購入できます)。B5判。収録年数が一番多い過去問です。過去問重視で勉強する独学者に向いていると思います。6分冊のため、1冊ずつがずっしりと重い「過去問マスターⅠ・Ⅱ」と比べると持ち運びやすく、また改訂スピードが速いので、比較的新しいほうの過去問まで収録されていることが多いのも特徴です。

  • 日建学院 土地家屋調査士 択一式過去問

    分野別。毎年出版。直近8年分の過去問を収録(ただし、直近1年分は本試験形式で収録)。ネット上には「択一式なら独学でも過去問10年分やれば〜」という声もあり、この過去問題集は8年分収録ですが、残りの2年分は別途必ず購入しなければならない年度別の過去問題集で補うこともできるため、過去問は10年分で十分と判断する受験生や、東京法経学院の分野別の過去問題集をメインで使う受験生が他社の解説を読むために購入するのにおすすめの1冊です。


問題を厳選した過去問

収録対象の年数は6年分も減りましたが、第3版(377ページ)と第4版(375ページ)では、たった2ページしか差がありません。古いほうの過去問よりも新しいほうの過去問に重要な問題が多いのかもしれません。「過去問は10年分で十分派」と「過去問は30年分以上は必用派」の中間の選択肢がこの本になります。


その他

  • 受験100講 分類別問題集(改訂1版)
    分野別。平成9年度〜平成18年度(10年分)の過去問を収録。B5判。古い過去問の解説が欲しい人向けです。ここまで古い過去問の解説は、東京法経学院以外のものだと、もうこの本しかありません。貴重な比較用の過去問です。
  • 楽学土地家屋調査士 一問一答(3訂版)
    肢別(肢ごとに分野別)。平成17年度?〜平成24年度?(8年分?)の過去問を収録。A5判。

    この本の始めのほうにある「本書の使い方」というページには8年分の過去問を分析したと書かれているのですが、この本の表紙には「980問!」と書かれています。しかし、980問なら8年分(20問×5肢×8年分=800肢)を超えていますよね。残りの180問は一体何なのでしょうか?

    予想問題集(厳選100問)

    ちなみに楽学は択一式の予想問題集「楽学土地家屋調査士 択一式セミナー」(A5判)も出しており、そちらのほうはオリジナル問題が「厳選100問!」となっています。


  • B5判……18.2cm×25.7cm(週刊少年ジャンプや週刊少年マガジンくらいの大きさ)
  • A5判……14.8cm×21.0cm(コロコロコミックくらいの大きさ)

サイズが小さいもののほうが公共交通機関の中で読みやすいです。日建学院、過去問セレクト、楽学のものが比較的サイズが小さめの本です。

年度別の過去問(戻る

年度別の過去問

年度別の過去問(直販教材)

年度別の過去問(品切れ)

下の2冊は販売元の東京法経学院のサイトでは「品切れ」となっており、近所の書店に在庫がなければ、もう入手するのは難しいかも……。

いまだにAmazon経由でこの品切れの「年度別過去問解説集」の中古品が売れていることもあることを知っていると、やはり年度別の過去問題集は勉強に必要なものであることを改めて実感させられますね。年度別の過去問題集がないと、自分が本試験で択一式の問題を何分で解けるかを調べようがないのです(普段の勉強で使っているのは分野別の過去問のためです。分野別に20問解くのと、年度別過去問の20問を解くのとでは意味が違いますよね)。


  • B5判……18.2cm×25.7cm(週刊少年ジャンプや週刊少年マガジンくらいの大きさ)
  • A5判……14.8cm×21.0cm(コロコロコミックくらいの大きさ)

    すべてB5判のため区別する必要がない。

補充用の過去問(戻る

土地家屋調査士試験の市販の過去問題集は、日建学院のものを除いては新しいほうの過去問を付け加えたものが毎年は出版されていないため、購入する版によっては新しいほうの過去問が収録されていないこともあり、その分は1年分の過去問題集や月刊誌「不動産法律セミナー」12月号(試験問題とその解説が掲載される号。2017年までは12月号ではなく10月号で試験問題及びその解説を掲載していました)等で補う必要があります。

補充用の過去問

  • 月刊誌「不動産法律セミナー」 (12月号。試験問題とその解説が掲載される号)
    月刊誌です。12月号にその年の試験問題とその解説が掲載されます。午前の部の問題と解説も収録されています。なお、この月刊誌は定期購読をすると、その期間中、約4年分のバックナンバー(デジタル版)が読み放題となる特典があります。B5判。

  • B5判……18.2cm×25.7cm(週刊少年ジャンプや週刊少年マガジンくらいの大きさ)
  • A5判……14.8cm×21.0cm(コロコロコミックくらいの大きさ)

    すべてB5判のため区別する必要がない。

補充の手間を省くためには、できるだけ最新の過去問まで収録された過去問題集を購入したほうが良く、そういう意味でもメインで使う分野別の過去問題集は「土地家屋調査士 新・合格データベース」がお勧めです。