【土地家屋調査士試験】
何らかの原因により発生する
単独ストーカー被害や窃盗被害の体験談

何らかの原因により発生する単独ストーカー被害や窃盗被害などの体験談をまとめました。

私が試験に合格できないこの数年の間に、私の自宅の隣の敷地(広大な更地)には新しい家が100~200軒、マンションその他事業用の大型の建物が4棟が建ちました。

単独ストーカーについて

2019年4月ごろ~2020年3月ごろまでの約1年間、人けのある火曜日の昼間を除き、自宅玄関前の通路(幅1メートルくらいしかないです)を昼間から夜23時ごろまで1人の見知らぬ老人男性に徒歩で往復され続けていました。見た感じ70代くらいの男性です。

 他家他家他家  自宅自宅自宅  他家他家他家  他家他家他家
 家(玄関)家  家(玄関)家  家(玄関)家  家(玄関)家
                          
 ↑                            ↑
                             

A地点からB地点まで(実際にはもっと家が続いており、これよりも長い)を1人の見知らぬ老人男性に約1年間、徒歩で往復され続けていました。常に一定の間隔(自宅の前からA地点を経由して再び自宅の前に戻ってくるまでが数十秒、同じ条件でBのほうが約2分)で自宅の前を通り過ぎており、やみくもにうろついているわけではなく、A地点からB地点までの間を歩くことが決まっているようでした。この往復の秒数や分数は2020年の正月に確認したものです。

一度往復が始まると30分~1時間くらいうろつかれ、その後、休憩のためか1時間くらい消えますが、休憩が終わればまた戻ってきて30分~1時間くらいうろつくという徘徊行為が人けのある火曜日の昼間を除き約1年間続いていました。平日の夜や土日はもちろん2020年の正月1~3日も昼13時ごろから夜23時ごろまで本当に毎日歩いており、昼間はそのお年寄りが通路を通るたびに他家の就学前の子供が窓から「こんちには」とあいさつをしていました。

当時私は約8か月かけて月に18枚ずつ合計約144枚の屋根瓦を荷台に載せて夜にゴミ捨て場まで運んでおり、その際に夜の23時ごろまでは、この老人男性とすれ違うことがありました。

タンスの引き出しの盗難について

自宅にあるタンスの下から2つ目までの大きな引き出し2つと一番上の見開きの扉の中にある小さな引き出し1つの合計3点が盗まれていました。下から3つ目以上の引き出しとタンス本体は無事でした。使っていないタンスで引き出しの中身は空でした。ただし、見開きの扉の中にある小さな引き出しの底の部分には薄桃色の敷物をしていた覚えがあり、その敷物は引き出しとともに無くなっています。引き出しが盗まれたのは2020年の前半ごろのことです。

正確に何月何日に盗まれたのかは覚えていないので不明ですが、下から2つ目までの引き出しがなくなって大きな空間ができたところはその後、小物のゴミ置き場として使われるようになり(2つの引き出しの間の手前側に1本の木の棒が横向きに通っているため、空いた空間に大きいゴミ袋などを設置してゴミを捨てていると、ゴミ袋がゴミで膨らんできて取り出せなくなるため、防虫スプレーの空き缶や紙の箱をばらして束ねた資源ごみなど小物や少量のものしか置いておけない)、私は2020年10月の土地家屋調査士試験前にそこによくボールペンの芯1本を、1箱数本入りの棒付きのアイスクリームが入っていた透明な小袋に入れてゴミの日が来るまで保管していた覚えがあるので10月よりも前だったことは確かで、レシートを見る限りその芯を保管していたのは7月22日よりも後のことで、ゴミ置き場として使われるようになるまでに何か月か時間が空いていたと思うので、盗まれた時期は2020年の前半ごろということにしています。

検索エンジンからのパージについて

今は掲載されていますが2つの検索エンジンのうち1つから、試験の不正を疑う内容を含んだページが検索結果に出てこなくなり(その後、ファイル名や内容、表現を変えることにより自動的に再掲載に至る)、もう1つの検索エンジンからは自分のサイトの全ページが検索結果から削除されました。

検索エンジンから自分のサイトの全ページが削除されたことに関しては、当時検索エンジンのBingで「site:当サイトのドメイン」で検索すると「一部の検索結果が削除されました」という検索結果が表示され、当サイトのページは1件もヒットしない状態が数か月続いていました。

その後、全ページ削除前のBingで検索結果1位の分野がいろいろあった当サイトは、Google翻訳によると「サイトのページの一部が、インデックスに選択されるのに十分なランキングシグナル(リンク、トラフィックなど)を獲得していない場合に該当している」という英語の返信が検索エンジン側からありました。

「Bing 一部の検索結果が削除されました」で検索してみるとガイドライン違反のペナルティであるとか、理由は教えてもらえないという意見がよく出てきますが、サイトの一部のページのランキングシグナル不足が原因で全ページが消えることも(また、理由がそれであると教えてくれることも)あるのですね。Bingウェブマスターサポートの方にはサイトの人気を高めると良いというヒントも頂きました。2020年の正月のことです。

自転車やその空気入れ、自動車などの破壊について

2020年以降、8月から10月試験日までの間に毎年、自転車やその空気入れ、自動車などを破壊されています。移動手段を奪われ、受験会場に行けず、試験を受けられなくなる可能性があります。

駐車場の壁に釘

これは駐車場の話ですが、薄暗い駐車場の後ろ側の壁に向かって左下のほうに釘が打たれており、よろけたときに思わず壁に手をついたりするとその釘が手のひらを貫通するようになっていたのを2019年に見つけた。その釘はペンチで抜こうとしたが取れなかったため今は下に曲げている。その釘は後から打ったというよりも、とがったほうを車側に向けて壁に埋め込まれたようになっている。釘はもう1本、こちらは後ろの壁に向かって右上の天井にあり、この釘はとがったほうが真下を向いており、もし背の高い大人がジャンプしたりしていたら頭に釘が突き刺ささっていた可能性がある。後者の釘は2021年に新たに見つけた。釘の長さは両方とも3センチくらいです。

2021年の自動車、自転車の破壊被害

  • 2021/10/17(日)試験当日。後輪のバルブが緩められており、朝空気が抜けていた。
  • 2021/10/15(金)後輪のチューブを取り外して点検しようとしたところ、リムナットが奥深くまで回されているのを見つけ、また、無理に奥まで回し続けたためかリムナットがバルブに対して斜めになっていたため、リムナットをスパナで普通に回して取り外せなくなっており、バルブの部分をペンチで固定してリムナットを取り外す。
  • 2021/10/14(木)朝、後輪の空気入れる。夜には抜けている。
  • 2021/10/13(水)後輪の乗り心地がおかしい。ガタガタする。
  • 2021/10/11(月)前輪は硬いのに後輪は柔らかい。
  • 2021/10/10(日)ライトが下向きにされている(下向きのライトがいつ元の位置に戻るかにより、自転車の持ち主がいつ自転車のそばにやってきて修理するかを確認しようとしている?)。
  • 2021/10/4(月)前回うっすら抜けたままにしておいた前輪、後輪になぜか空気が入っており、タイヤが硬くなっている。
  • 2021/9/29(水)前輪、後輪の空気がうっすら抜けている。これまではこのうっすら抜けている空気のことは書いていなかったが、空気がうっすら抜けていることもよくある。バルブは緩んでいない。抜け方がうっすらで自然に抜けているような気もするが、どうして8月から10月試験日までの間だけ空気がうっすら抜けるのかは分からない。
  • 2021/9/18(土)車のエンジンがかからない。修理に出す。乗り換えのため数百万の損害が出る。自動車屋に通って何度もお菓子をもらう。
  • 2021/9/15(水)前輪、後輪の空気が抜けている。バルブが緩められている。空気入れのホース部分の本体への留め方がおかしい。過去数十年、誰も一度もそんな留め方をしたことはないが、実はその留め方が正解という目から鱗の、その発想は私たちにはなかったという一般人のホースの納め方。誰かに空気入れを勝手に使われている可能性がある。
  • 2021/8/22(日)前輪、後輪の空気が抜けている。
  • 2021/8/21(土)複数のパンクを確認し、前輪のチューブを交換。前輪スーパーバルブに取り換え、きつく締める。昼に前輪、後輪の空気が抜けているのを発見。なぜかバルブが緩くなっている。前を向いていたライトが下向きにされている。
  • 2021/8/18(水)前輪の空気が抜けている。
  • 2021/8/16(月)ゴミ捨て時に前輪の空気が抜けているのを発見。空気を入れる。空気入れを地面に置いて足で抑える部分の金属がねじ曲がっており、はずれかかっているのを発見。
  • 2021/8/15(日)前輪の空気が抜けている。空気入れをカゴに入れて買い物に行っており、空気入れの足の部分に損傷はないことを確認済み(帰宅後、足の部分に蜘蛛の巣があったのでそれを取った覚えがある)。
  • 2021/8/4(水)後輪のチェーンがはずれている。/空気入れの空気が出る部分が壊れている(ホースの先のほうに付いている回せば外れる部品が外れていた)。

2020年の自動車、自転車の破壊被害

  • 運転中に突然、車のブレーキが利かなくなる。修理に出す。←月日忘れたため不詳。試験月よりも前です。
  • 2020/10/27(火)後輪のチューブを交換。
  • 2020/10/18(日)試験当日。朝は乗れた。夕方には後輪の空気が完全に抜けていた。その場で修理(虫ゴム交換、空気入れ)したものの効果なし。帰宅後、チューブを見てみるとバルブ付近のゴムに亀裂が入っており、バルブとチューブがちぎれかかっていた。もし朝から空気が抜けていれば、時間通りに試験会場に行けず受験できなかった可能性がある。
  • 2020/10/17(土)前輪、後輪の空気が抜けている。虫ゴムを交換して空気を入れる。ライトが故障していたため交換。
  • 2020/10/14(水)前輪の空気が抜けている。
  • 2020/9/30(水)運転中に後輪の空気が抜ける。降りて押しているとタイヤまで外れる。近所のお店で修理道具を購入してその場で修理。
  • 2020/9/16(水)前輪の空気が抜けている。
  • 2020/8/24(月)後輪のチューブを交換。
  • 2020/8/?日(?)後輪の空気が抜けている。ベルを破壊されていたため交換(上半分のかぶせものが外れて地面に落ちており、鳴らしたベルを元の位置に戻すためのバネ(?)のようなものは周囲を探しても見当たらない)。これ以前から短期間に頻繁に後輪の空気が抜けており、何度もパッチを当ててパンク修理をしていた。

野菜の盗難について

2019年ごろから露地栽培の野菜を盗まれています。2018年から盗まれていた可能性もあります。

  • 2021/9/25(土)

    とんがりパワー8株植えて前回の収穫から2週間たつのに長くて人差し指、短くてその半分程度の長さの細くてシシトウのようなピーマンが7個しか取れない。とんがりパワーは成人男性の指先から手首くらいまでの大きさに育ち、横も太ってシシトウの何倍もの太さになるジャンボピーマンですが、私は過去2年間に2回くらいしかジャンボピーマンを収穫したことがない。ジャンボピーマンが残っているときは個々のピーマンが大きいだけでなく、株に付いているピーマンの数も多く、1株あたり何個も取れる。もし私がピーマンの収穫をやめると、熟して赤くなったピーマンが1個も取れないまま冬が来てピーマンのシーズンが終わる。ピーマンは2株もあれば家族で食べるには十分な量が取れると思いますが、ぜんぜん収穫できないので今は8株植えています。年間通してたぶん1株あたり小さいものを10個くらいしか収穫できていないと思う。


    ナスも8株植えて毎週ピンポン玉から卵くらいの大きさのものしかない。ナスは1株につき1本取れないどころか8株植えても1本も取れないことがある。8株中2株は春に苗を植えた庄屋大長ですが、私は今年はその2株からまだナスを1本しか収穫していない。庄屋大長2株を6か月育ててもナス1本しか収穫できないが、収穫跡は当然それよりもたくさんある。2021年はたぶん1株あたり小さいものを2個くらいの割合でしか収穫できていないと思う。


    12月収穫予定の秋植えジャガイモのうち畝の一番端にある成長が一番早かったジャガイモが株ごとなくなっている。株ごと野菜がなくなることは大根、人参、レタスなど単品の野菜の収穫時期によくあるが(人参は収穫時期でないのになくなることがある。地中にできる野菜は収穫時期よりも前になくなることがある)、ズッキーニなど実物野菜でも翌週2本収穫できると思っていたら翌週株ごと消えていたことがある。


    白ネギ苗の青い葉の部分がハサミで切り取られたようなきれいな切り口で地際で何本も切り取られており、青い葉の部分を収穫されている。サツマイモのツルが切り取られてまとめられて一か所に集められている。10月下旬収穫予定の丹波黒大豆の葉がまとめられて一か所に集められている。丹波黒大豆は種を早くまきすぎ失敗している。虫も多かった。

この畑がある場所は30メートルくらいある一本道の小道の先で、その先はもう行き止まりなので私以外の人が畑に入ってくることがもう異常事態なのですが、私が農作業をしていると犬を連れた中年女性や70代以上の男性が畑のほうまで入ってきたことがある。畑の周囲は崖と川なのでその一本道を通らないと畑には入って来られない。

成人男性のこぶし4分の1程度の大きさの投石もある(小さい石もあるが、投石されたものかどうかの判断が困難なため割愛する)。この投石というのは、そこにそんな石が落ちているわけがないとはっきりと分かるような形で行われている。

井戸水の盗難について

災害時に井戸を勝手に使用されて水道料金が数万円になります。蛇口に付けていたホースを取り付けるための部品は壊れていました。その後、井戸周辺の雨具も破壊されています。

昔、関東大震災があったときに国民の不満をそらすため、また、白色テロの実行のために日本政府や軍部、警察などが「朝鮮人が井戸に毒をまいた」といううわさを流したため約6,000名の日本人や朝鮮人等が殺害されたそうですが、もしかすると井戸を使われたくなくて便乗してうわさを広めて、井戸水を独占した方もいたかもしれませんね。現代でも、もしかすると政権与党が国民の税金を使って野党に対する誹謗中傷などのネット工作をしているため政権交代が難しい国もあるかもしれません。

ドイツのナチ党(国家社会主義ドイツ労働者党。支持母体は資本家、保守派)なども選挙では一度も単独過半数を取れていなくて、自作自演の事件を起こしてデマによりその責任を一部の野党(支持母体は労働組合)になすりつけることにより、その野党を非合法化し、その野党議員を全員逮捕または逃亡させ、その議席を無効化することで一党独裁体制を確立したという歴史があります。

これと同じようなことをやったのが戦前や戦後の日本です。日本の民主化・非軍事化は戦後すぐに取りやめになり、戦前の体制や上級国民が戦争責任を負わずに温存されたまま現代にいたりました。現在の日本の上級国民がいつから日本にいるのかというと戦前からおり、戦争犯罪者が戦争責任を取らずに体制側に居続け、世襲やコネ採用で延々とその地位を維持してきたというのが今の日本です。ただ逆コースが決定的になる前に生まれた憲法(=国をしばる法律)のせいで完全には戦中の体制に戻れていません。

いかがでしたか? 現在、超小型の防犯カメラを選定中です。

ところで土地家屋調査士試験の合格者の約5割を輩出している資格予備校やフルカラーテキストの調査士講座のことをご存じでしょうか? 当サイトおすすめの土地家屋調査士試験、測量士補試験の予備校講座はこちらです。リンク先で詳細をご確認下さい。


通信講座・通学講座・書籍・メディア教材で
資格取得をお手伝いします。
有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院



難関資格試験の通信講座ならアガルートアカデミー
フルカラーテキストの調査士講座
フルカラーテキストの測量士補講座