取り返しのつかない要素

主人公の名前

ゲーム開始時につけた主人公の名前は、途中で変更することができません。

幻想水滸伝1のデータを幻想水滸伝2に引き継いだ場合、幻水1の主人公が幻水2にも登場し、幻水2で幻水1の主人公を仲間にすることができます(戦闘パーティにも加わりますが、108星外のメンバーです)。このとき幻水2に登場する幻水1主人公の名前は、幻水1ゲーム開始時に自分が付けたものになります。

本拠地の名前

本拠点の名前はゲームの途中で変更することができません。

本拠地の名前は、自分が付けた名前の後ろに「城」を付けて呼ばれることが多いです。たとえばトランと名付けた場合は「トラン城」と呼ばれます。

幻想水滸伝1のデータを幻想水滸伝2に引き継いだ場合、1の本拠地と同じ名前の宿屋が幻水2に登場します。「〇〇亭」という名前の宿屋です。しかし、ただ名前が出てくるだけなので、特に何かが重要というわけではありません。

レベル関係

レベルを上げすぎると幻想水滸伝2にデータを引き継いだときに発生する問題があります(これが取り返しのつかない要素)。ただし、PS版なら全キャラのレベルを1に戻す裏技があるため、この問題は生じません。


また、実はゲーム終盤に各キャラのレベルを96にする方法があり、その条件の1つがレベル36であることです。とはいえ、このゲームは普通に進めていればレベル60前後でクリアのため、苦労してレベルを96にする必要はまったくありませんし、この方法を使わずに普通にモンスターと戦い続けることでもレベル96は達成可能です。高レベルキャラのステータスを手軽に見てみたい等の趣味の領域の話になります。レベルのことは気にせずに普通にゲームを進めたほうが絶対に面白いです。

PS版なら全キャラのレベルを1に戻す方法があるため、レベル36を超えるキャラでもレベル96にすることが可能です。ただし、この場合、別の裏技でレベル99にしたキャラもレベル1に戻ってしまいます。なかには紋章の固定装備が原因で、もう高レベルに戻すのが難しいキャラもいます。

ちなみにレベルの上げ方(レベル36Exp900以上→レベル96にする方法)は「レベル関係の裏技」のページで紹介しています。主人公以外のキャラをレベル96にするときは、2つ目の条件として「幸運の封印球」を宿す必要があるため、主人公以外の「紋章が固定装備されているキャラ」は裏技でレベル96にすることができません。


なお、シーナ、クロミミ等の一部キャラに関しては別の条件により、はじめからレベル99で仲間にすることが可能です。特に紋章が固定装備されているシーナを手軽に高レベルにできるのはこの方法だけなので高レベルのシーナを見てみたいときはこちらの方法をとることになります。

合戦イベント中の戦死

合戦イベント中に仲間キャラが戦死することがあります。戦死者が1人でもいるとグッドエンドにならないため、合戦イベント前は必ずセーブしておいたほうが良いです。仲間キャラは合戦イベント中に「負傷」することもありますが、負傷はエンディングの良し悪しとは無関係です。

個人的にはアイリーンが戦死しやすいと思います(というのも合戦イベントで「レパント一家」をよく使うため)。アイリーンは幻想水滸伝2にも姿だけですが一応登場します。アイリーンが戦死したデータを引き継いでも2にアイリーンは出てきます。

パーンはテオに勝てる

パーンは一騎打ちでテオに勝てます(レベル30弱。武器レベルを最高まで上げ(テイエンで12まで上げる。本拠地だとこの時点では9が限界)、装備もその時点で用意できる最高のものにしておく)。パーンがテオにやられると108星がそろわずグッドエンドになりません。パーンが亡くなったデータを幻水2に引き継いでも2にパーンは出てきます。

グレミオは生き返る

水上砦シャサラザード攻略後の、最後のグレッグミンスターを攻める一連の合戦イベント開始前にグレミオ以外の108星を全員集めるとグレミオは生き返ります。グレミオが亡くなったままだとグッドエンドになりません。

グレミオを生き返らせるためには、①水上砦シャサラザードの合戦イベント終了直後以前にレオン・シルバーバーグを仲間にし(シャサラザードの合戦イベント終了後はシャサラザードの出入り口付近に立っている場面から主人公を動かせるようになりますが、その後、シャサラザードの建物のほうに近づいてイベントを開始させるとマッシュが本拠地からいなくなり手遅れになります)、②水上砦シャサラザード攻略後にソニアを連れて自動的に本拠地に戻った後、一度でもマッシュに話しかける前に108星を全員仲間にする必要があります(マッシュに一度でも話しかけるとイベントが始まり、手遅れになります)。

108星集め

選択肢やタイミングにより、仲間にできなくなるキャラがいます。

  1. クワンダ・ロスマン(パンヌ・ヤクタ城。帝国五将軍の一人)

    仲間にしない選択肢を取ると仲間にできない。

  2. ミルイヒ・オッペンハイマー(スカーレティシア城。帝国五将軍の一人)

    仲間にしない選択肢を取ると仲間にできない。

  3. マクシミリアン、サンチョ(モラビア城攻略後の北の関所)

    仲間にしない選択肢を取ると仲間にできない。初めて会ったときに仲間にするのを断ると、この2人はたぶんもう北の関所に出てこなくなると思う。

  4. レオン・シルバーバーグ(軍師。カレッカ)

    ゲーム終盤のイベントの連続やケガなどでマッシュに話しかけられなくなるため。仲間にできるタイミングは城レベル4後。最終タイミングは水上砦シャサラザードの合戦イベント終了直後。シャサラザードの出入り口付近に立っている場面から主人公を動かせるようになりますが、その後、シャサラザードの建物のほうに近づいてイベントを開始させるとマッシュが本拠地からいなくなり手遅れになります。

  5. メース(鍛冶屋。シークの谷)

    ゲーム終盤の、最後のグレッグミンスターの合戦イベント後にフリックとビクトールがパーティに強制加入し、メースの弟子4人をメースの元に連れていけなくなるため。仲間にできるタイミングは城レベル4後。仲間にできる最終タイミングは、最後のグレッグミンスターの合戦に出発する直前です。ただし、この時点でメースを仲間にしても、もうグレミオは生き返りません。グレミオを生き返らせるためには、水上砦シャサラザード攻略後にソニアを連れて自動的に本拠地に戻った後、一度でもマッシュに話しかける前までにメースを仲間にする必要があります(マッシュに一度でも話しかけるとイベントが始まり、手遅れになります。マッシュに話しかける前にサンチェスに話しかけてパーティを変更し、メースを仲間にしに行きましょう)。ちなみにこの時点ではまだソニアも仲間になっていないので念のため。