幻想水滸伝1から幻想水滸伝2に引き継がれるもの

引き継ぎデータの明確化

PS版で引き継げるデータはセーブデータのみでしたが、PSP版ではゲームをクリアするとセーブデータとは別に「クリアデータ」が作成され、引き継ぎに使えるデータが2つになりました。

また、PSP版では幻想水滸伝1のセーブデータがまだ幻想水滸伝2に読み込める段階に達していない場合には、「このデータはまだまだです(筆者注。ここで改行あり)もうすこしがんばったデータにしてください」と表示されるようになり、セーブデータを引き継ぐ際に、引き継ぎにふさわしいデータか否かの判断が容易になりました。

幻想水滸伝2にも登場する仲間

PS版ならレベルを1に戻す方法があるため、ここに書いてあることは問題にはなりません。

幻想水滸伝1の仲間キャラの一部は幻想水滸伝2にも登場します。幻想水滸伝1で彼らのレベルを高くしていると、幻想水滸伝2登場時のレベルが引き継ぎなしの通常時よりも高くなるため、幻想水滸伝2で彼らのレベルを99にする条件が一段階、厳しくなります。というのも、実は幻想水滸伝2にも仲間キャラのレベルを裏技で99にする方法があり、その条件というのが「レベルを39以下に抑えておくこと」or「レベル49以下かつ「幸運の封印球」を宿していること」のどちらかなのです。

しかし、幻想水滸伝2では「幸運の封印球」は特殊なイベントでしか手に入らないとても貴重なアイテムになっており、おそらく多くの人にとっては同イベントで入手できる「ハンターの封印球」(攻撃が命中すれば敵モンスターが必ずアイテムを落とす効果を持つ)とどちらか1つを選択する関係にあります。そのため、幻想水滸伝2にも登場する仲間キャラは、幻想水滸伝1ではレベルを上げないというのも1つの手だと思います。レベルを上げなければ「カスミ」「バレリア」以外のキャラは「幸運の封印球」がなくてもレベルを99にすることが可能です。

幻水2登場時レベル
(引継ぎ無し時)
備考
クライブレベル16
ビクトールレベル20
フリックレベル20
ヒックスレベル27
テンガアールレベル27
ルックレベル27
タイ・ホーレベル27
スタリオンレベル31
メグレベル31
ビッキーレベル33
ハンフリーレベル34鎧「風のつむいだ鎧」を引き継げる。
フッチレベル34
幻水1主人公レベル38鎧「マスターガーブ」を引き継げる。
カスミレベル38レベル99には「幸運の封印球」が必須。
シーナレベル38
バレリアレベル38レベル99には「幸運の封印球」が必須。
ローレライレベル38
ヴァンサン・ド・ブールレベル49
ペシュメルガ主人公+5

1主人公の名前、1本拠地の名前、2にも登場するキャラのレベルや武器レベルを上げておくと2登場時のキャラレベルや武器レベルが通常よりも高いこと、ハンフリーの風のつむいだ鎧と1主人公のマスターガーブ以外は何も引き継ぎません。他の装備や紋章、紋章片などは一切引き継ぎません。

2でレベル99にできない仲間

★印を付けた仲間はレベル99にできない。残りは「幸運の封印球」を宿せばレベル99にできる。主人公等のレベルに依存するキャラは主人公等のレベルを上げておけばレベル99で仲間になる。

カレン(登場時レベル40のため)
シモーヌ・ベルドリッチ(登場時レベル40のため)
チュカチャラ(登場時レベル40のため)
シエラ(登場時レベル42のため)
ギジム(登場時レベル46のため)
コウユウ(登場時レベル46のため)
ロウエン(登場時レベル46のため)
ハウザー(登場時レベル47のため)

ペシュメルガ(主人公+5のため)
メイザース(主人公+5のため)
ゲオルグ・プライム(主人公+10のため)
ホイ(主人公-10のため)
ロンチャンロン(ワカバ+7、左手解放40のため)

フェザー(右手解放レベルが40のため。登場時レベル31)
ボブ(右手解放レベルが42のため。登場時レベル38)
バレリア(左手解放レベルが45のため。登場時レベル38)
モンド(右手解放レベルが45のため。登場時レベル38)
ワカバ(左手解放レベルが45のため。登場時レベル31)
アニタ(左手解放レベルが50のため。登場時レベル16)★
カスミ(右手解放レベルが50のため。登場時レベル38)★
マイクロトフ(左手解放レベルが52のため。登場時レベル35)★

からくり丸(紋章を宿せないため。登場時レベル31)★
ルロラディア(紋章枠2かつ固定のため。登場時レベル40)★
アビズボア(紋章枠1かつ固定のため。登場時レベル46)★
ゲンシュウ(紋章枠1かつ固定のため。登場時レベル49)★

「PS版の」幻想水滸伝2のデータを「PS2の」3に引き継ぐ場合の注意点

ティント市のイベントでリドリーが亡くなり、ボリスがいるデータだと3に引き継げません。初期版の3だから駄目なのだという話を聞いたことがあります。その後のものは改良されて引き継げるようになったのだとか。

私は初めて引き継ぎをしたときは初期版で駄目でした。1から2の引き継ぎのときのように、引き継ぎに成功しているかどうかが分からないというあいまいな話ではなく、なにぶん昔のことなので勘違いかもしれませんが、ボリスがいるとそもそも引き継ぎ自体ができないようになっていたような気がします。そのため引き継ぎは実施せずにゲームを始めたという自覚は当時あったと思います。もしかすると全部私の勘違いかもしれませんが。

仮に初期版の3でも幻想水滸外伝を間に挟めば引き継げるというような話もどこかで見たことがあるような気がしますが、真偽のほどは定かではありません。