レベル関係の裏技まとめ

レベルを1に戻す方法(PS版限定)

1枚目のメモリーカードにレベル1に戻したいセーブデータを入れる(そのメモリーカードに入っている幻想水滸伝1のセーブデータはそれ1つのみにしておく)。

次にゲームを最初から初めて別の2枚目のメモリーカード(メモリースロット1に差し込むものとする)にゲーム開始直後のセーブを取る(そのメモリーカードに入っている幻想水滸伝1のセーブデータはそれ1つのみにしておく)。そしてそのままゲーム機本体のメモリースロット1に差し込んでいるメモリーカードを先ほどの1枚目のものと入れ替える。

その後、主人公が町からフィールド上に出て全滅し「あきらめない」を選択するとレベル、ステータスは最初のまま(まだ仲間にしていないキャラは全員レベル1)で1枚目のメモリーカードの内容を読み込むため、1枚目のメモリーカードの全キャラのレベルが1になる。

レベル99で仲間にする

シーナとクロミミは、主人公のレベルが1のときに仲間にするとレベル99で仲間になります。というのも、彼らが仲間になるときのレベルは「主人公のレベル-1」だからです。

特に幻想水滸伝2にも登場するシーナは、幻想水滸伝1では雷の紋章が固定装備されており、別の裏技でレベルを96にすることできないため、もし高レベルのシーナを用意したいならこの方法がおすすめです。

同様の方法でゴン(主人公-4)、セイラ(主人公-3)、キルケ(主人公-2)などもやりようによってはレベル99で仲間にできるかもしれませんが、主人公のレベルが低いとクワンダ・ロスマンやテオ・マクドールとの一騎打ちに勝つことが困難なため難しいと思います(やりようによってはレベル1でも勝てます)。

ゴン、セイラ、キルケは3人とも紋章の固定装備はないため、一騎打ちに勝つよりも別の裏技でレベルを96にするほうが簡単です。しかし、シーナとクロミミの2人は、一騎打ちの前に仲間にすることができます。そのため、この2人をレベル99で仲間にすることは結構簡単です。


主人公のレベルを1にしておく方法は、主人公のHPを常に0にして戦闘不能にしておき経験値が入らないようにしておくことです。


逆に「主人公のレベル+α」で仲間にできるキャラもおり、彼らは主人公のレベルを高くしておけば最初から高レベルで仲間になります。

レベル36(exp900台)から96にする方法

モラビア城に出現する「ジャッカル×3、エリート兵×2、ウィップマスター×1」をレベル36(exp900台)主人公1人で倒すと主人公のレベルが96になる。このモンスターはモラビア城でセーブしたデータをロードするとすぐに出現します。敵はソウルイーターの「めいふ」で一発で倒せます。

主人公以外のキャラは幸運の紋章を宿して主人公と2人パーティで上記の敵を倒すとレベル96になります。

レベルの条件だけを満たしてexpが900台でなければレベル95になります。レベル37exp0のときはレベル94になります。expをわざわざ900台にするのは大変なので、レベル36あればもうこの裏技を使っても良いと思います。


この裏技を使えるタイミングは①水上砦シャサラザードの戦争イベント直後と、②最後のグレッグミンスターの戦争イベント前です(108星が大広間に集まり、グレミオが生き返ったりするイベントの後に、最後に一度だけ自由に行動できる時期があります。そのため、グレミオもレベル96にできます)。

水上砦シャサラザードの戦争イベント後は、シャサラザードの出入り口付近に立っている場面から主人公を動かせるようになりますが、その後、シャサラザードの建物のほうに近づくとビクトールがパーティに強制加入するため、この裏技は彼以外には使えなくなります。グレッグミンスターの戦争イベント後はビクトールとフリックがパーティに強制加入するため、この裏技は使えなくなります。