記述式のテキスト

問題演習型のテキスト(戻る

私が受験勉強を始めたころは、記述式のテキストといえば「書式合格演習ノートⅠ・Ⅱ」と「受験100講Ⅲ 書式編」くらいしか選択肢がありませんでした。当時から「書式合格演習ノートⅠ」は、どこの書店を探しても見つからず、アマゾンで中古本の値段が高騰していたため、私は安価な「受験100講Ⅲ 書式編」のほうを使いました。

問題演習型のテキスト等


記述式のテキストには「(読み物としての)普通のテキスト」と「問題演習型のテキスト」の2種類があります(私が勝手にそう分類しているだけですが……)。上述したテキストはいずれも問題演習型のテキストです。この形式のテキストとしては、もう1つ「楽学 土地家屋調査士 記述式セミナー」があります。この本も私が受験勉強を始めた頃は書店になく、通信販売で高値が付いていましたが、2016年の11月に新版が出たため購入しやすくなりました。

問題演習型のテキストの感想(戻る

本試験では答案用紙にあらかじめ表や枠のようなものが用意されており、何も書かれていない白紙の上に「登記申請書」という書き出しから末尾の「職印」までのすべてを書き出していくわけではありません。「土地家屋調査士 受験100講Ⅲ 書式編」や「楽学 土地家屋調査士 記述式セミナー」には答案用紙が掲載されていないため、いきなりこれらの本で勉強を始めると、そのことに気がつきにくいです。

問題を解きなれてくると答案用紙の有無は気にならなくなるのですが、初学者にとって答案用紙は解答の際の大きな手助けになりますので、慣れるまでは「土地家屋調査士 書式練習用紙 A3判」を眺めながら(あるいはそれをコピーしてきて直接そこに記述していくような形で)問題を解いていくことになると思います。

ちなみにここでは「問題演習型のテキスト」と言えども、中身はただの「問題集」のようなものであり、自分の力だけで、これらの本に収録されている問題を解き進めていくのはかなり困難です。誰かに解き方を教えてもらうか、後述する「(読み物としての)普通のテキスト」を片手に解き進めていくのが前提になると思います。

受験100講Ⅲ 書式編(改訂3版)

この本の巻末には平成21年(2009年)度〜平成23年(2011年)度の3年分の過去問とその解説が収録されています。その頃は特に分かりにくい座標値の計算問題が出ている時期だったため、解説の読み比べに使えると思います。座標法の式の作り方の解説をしているのも特徴の1つです。

本編のほうでは50問の練習問題が用意されていますが、それらの問題を解いていくことには、いきなり過去問を解いているのと大して変わらないくらいの苦労があることを思うと、最初から過去問で勉強を始めたほうが良かったかもしれません。ちなみにこの本には基礎練習問題というのも13問付いていますが、問題の内容には計算問題があるかどうかくらいの違いしかなく、解説が特に詳しくなっているわけでもなく、私には基礎練習問題というのが何のためにあるのかがよく分かりませんでした。

楽学 土地家屋調査士 記述式セミナー(3訂版)

この本は他の問題集や過去問と比べると解説がとても詳しく分かりやすく、基本問題だけなら初学者にも向いていると思います。記述式の勉強を過去問からではなく、この本の基本問題から始めても良いのではないかと思うくらいです。基本問題は15問しかなく、比較的すぐに終わらせることができるため、過去問の前に挟んでも良いと思います。

この本に収録されている問題は、平成20年代以降の本試験に近い形式・内容のため、残りの実践問題(35問)は、過去問を解き終わった後の演習問題として利用することができます。

ちなみに「受験100講Ⅲ」(改訂3版)は昭和〜平成10年代の初め頃の本試験に近いです(たとえば第94講はs55-18とほぼ同じ問題です)。「受験100講Ⅲ」で記述式の勉強をした後で、同書の巻末に付いている過去問に初めて取り掛かったときには、その違いに面食らうと思います。

読み物としてのテキスト(戻る

申請書、図面、計算のテキスト(戻る

「土地家屋調査士 登記申請書と添付図面」は、作図道具や文房具、電卓に関してどういうものを使うべきかという初歩の初歩から指南しており、これから記述式の勉強を始める初学者の最初の1冊に向いていると思います。問題集と過去問だけだと、すがるところが何もなくて、自分でいろいろ考えて進めないといけないので大変です。この本は記述式の勉強を始めるときに、きっと参考になると思います(作図道具、申請書の書き方、作図方法、文字・図面の訂正方法etc.)。ちなみに「不動産表示登記申請マニュアル」のほうは、3冊合計でこの本の約3.5倍のページ数(1,100頁)になっており、情報量がまるで違います。

記述式のテキストは同じ分野の本でも複数のものを購入したほうが良いです。独学だと分からないことはすべて自分で解決しなければならないためです。片方を読んで意味が分からなくても、もう一方を読めば意味が分かることがあるかもしれませんし、両方の記述を読み比べて、つじつまを合わせることで正解が見えてくることもあるでしょう。

関数電卓のテキスト(戻る

関数電卓の使い方を教えるテキストです。自分が使っている関数電卓に合う教材を選ぶことになると思います。

関数電卓のテキスト

作図、数学、求積のテキスト(戻る

いずれもDVD or 動画DL付きの教材です。テキストだけでは分かりにくいので、ちょうど良いと思います。