ネパワ界に関する豆知識

荒らしに使われた装置の名称

  • デューク

    掲示板に連続投稿する装置。ガブリデューク(「デュ」は「dhu」、「ュ」だけなら「xyu」と打つと出てくる)で検索するとこれ関係の話が出てくると思う。

  • 田代砲

    特定のWEBサイトをF5連打状態にする装置。

  • 掲示板破壊タグ

    掲示板を破壊するタグです。

  • ブラウザクラッシャー

    略してブラクラと呼びます。掲示板に張ってあるブラクラのURLを踏むと新しいウインドウが無限に開き続けるためパソコンをシャットダウンしなければならなくなります。

  • これは荒らしに使われたというよりも管理人が自分のウェブサイトに設置していたボタンです(現在2サイトで確認)。この図鑑内のこのボタンは押しても何も起こりませんが、サイトによっては「ウイルスをダウンロードしています・・・」と表示されたり、閉じても再度同じメッセージが表示され続けるメッセージウィンドウが表示されたりしていました。

よくリンクを張られていたマナーコラム

  • パワプロサイトの歩き方 ~マナーについてちょっとだけ考えてみよう~

    はっぴぃだんすのコンテンツの1つ。

  • ~亀田くんと智美ちゃんの~ たのしい? 掲示板入門

    わっつえすけーぷのコンテンツの1つ。

  • 毒舌ネットマナー

    2006年8月に閉鎖したそうです。
    http://www.botan.sakura.ne.jp/~kannmaru/manner/

  • 千里の道も一歩から ~パワプロサイトのネットマナー~

    海の見える高台の家のコンテンツの1つ。後発のマナーコラムのため、他のマナーコラムと比べると知名度で劣るかもしれません。

攻略情報を無断転載させる裏技

当時はパワプロ、パワポケの攻略をしているサイトが多かったと思いますが、この攻略は必ずしも管理人1人で行っているわけではなく、サイト閲覧者に情報提供をお願いしているサイトが多かったと思います。そして管理人は情報提供があると、その提供された情報をコピペしてそっくりそのまま自分のサイトに載せることが多かったと思います。情報提供してサイトに貢献すれば管理人の覚えめでたくサイト内での地位が上がったりするようなところもたぶんあったと思うので、サイト閲覧者のほうにも情報提供を行うメリットはあったと思います。

このような状況下で悪意を持って行動すれば、自分の狙ったサイトに攻略情報を無断転載させることができます。他サイトの攻略情報をそっくりそのままコピペして情報提供すれば、その情報提供を受けた管理人は自分のサイトにその情報をそっくりそのままコピペして載せてくれます。情報提供の投稿は投稿時に削除パスを設定しておけば自分で削除できるため、その情報が提供されたものであるという証拠は残りません。まるで管理人自らが他サイトの攻略情報を無断転載しているかのような外観を作れるのです。狙ったサイトにうまく無断転載させることができれば、あとは5chの掲示板にURLを張ったりして「このサイトの攻略とあのサイトの攻略は、内容が一字一句同じなんだけどこれどうして?」的な書き込みをして、皆にこの悪事をお知らせすれば良いのです。

昔、当サイトの攻略情報が他サイトに無断転載された理由がたぶんこれだったようですし、ほかにもこのような事例を私はいくつか知っています。その1つがtakeさんのパワポケ一筋!だったのです。当時パワポケ一筋!と一字一句同じ情報を載せていたサイトは2007年11月にそのことに気がつき、その情報を削除しています。

レンタルサーバのサービス終了年月日

  • 2004年10月30日(土)- Gaiax無料ホームページサービス
  • 2010年10月31日(日)- infoseek iswebライト
  • 2011年6月30日(木)- COOL ONLINE(無料会員サービス)
  • 2011年12月1日(木)12:00 - AAA!CAFE
  • 2012年5月21日(月)- infoseek iswebベーシック、COOL ONLINE(有料会員サービス)
  • 2015年12月7日(月)- So-net レンタルサーバサービス
  • 2016年3月31日(木)- PF-X.NET
  • 2016年11月10日(木)15:00 - @homepageサービス(nifty)
  • 2018年2月28日(水)- @PAGES(読み:アットページーズ)
  • 2019年3月31日(日)- Yahoo!ジオシティーズ

fc2とxreaはまだ残っています。Yahoo!ジオシティーズはサービスを終了しましたが、ジオログにアーカイブが残っていることがあります。

Tripodで作られたサイトにはURLが2つある

2000年2月17日以降、Tripodはメンバー名をサブドメインにする「ショートURLサービス」を開始しており、Tripodで作られたサイトにはURLが2つある。

  • http://メンバー名.tripod.co.jp/
  • http://members.tripod.co.jp/メンバー名/

roo.to無料URL転送サービス

roo.toドメインのサイトはroo.to無料URL転送サービスを利用している。このサービスは2008年5月に終了した。