【土地家屋調査士試験】
令和3年(2021年)度
建物の採点結果

令和3年(2021年)度の建物の結果

建物は10.5点でした。

建物10.5点、間違えた個所14.5点分の内訳の予想

表側の申請書のほう(-12.5点?)

  • 3つの建物に区分したため、登録免許税1,000円多い(-0.5点?)
  • (イ)部分に関する登記の申請書を完成させる(申請書に区分前の建物のことを書かず、区分後の(イ)部分のみを書く)(-0.5点×9=-4.5点?)
  • (イ)部分の種類を「居宅」とする(-0.5点?)。
  • 3つの建物に区分したため、(イ)部分の構造に「スレートぶき」を書いていない(-0.5点?)。
  • (イ)部分の1階の床面積を間違える(-0.5点?)。
  • 第2欄空欄(-2点×3=-6点?)。

裏側の図面のほう(-2点?)

  • 1階の求積に数字の足し間違いがあり、計の部分の数字が違う。したがってその下に書いた床面積の数字も違う(-0.5点×2=-1点?)
  • 「道路115」「道路116」を「115(道路)」「116(道路)」と書く(-0.5点×2=-1点?)

もし答練講座で10回以上練習問題を解いてそれを採点してもらえていれば、土地家屋調査士試験を初めて受験する方でも過去に本試験を10回以上受けたも同然の経験を手にしていることになります。その過程ではおそらく様々なミスをすることになると思いますが、一度ミスをしておけばもう本番で同じようなミスをすることはたぶんないと思います。独学で本試験を受験する方は1年間を1年間として過ごしていると思いますが、答練講座の利用者はおそらく1年間に10年以上の経験を積んでいるのだと思います。今回3回目の答案用紙の返却を受けた私は、もう何年も土地家屋調査士試験を受けているはずなのに本試験という名の答練をまだ3回受けたばかりの初学者です。

ところで土地家屋調査士試験の合格者の約5割を輩出している資格予備校やフルカラーテキストの調査士講座のことをご存じでしょうか? 当サイトおすすめの土地家屋調査士試験、測量士補試験の予備校講座はこちらです。リンク先で詳細をご確認下さい。


通信講座・通学講座・書籍・メディア教材で
資格取得をお手伝いします。
有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院



難関資格試験の通信講座ならアガルートアカデミー
フルカラーテキストの調査士講座
フルカラーテキストの測量士補講座