【土地家屋調査士試験】
令和3年(2021年)度
土地の採点結果
法務省は部落差別をしている?

令和3年(2021年)度の土地の結果

土地は10.5点でした。

土地10.5点、間違えた個所14.5点分の内訳の予想

表側の申請書のほう(-10点?)

  • 座標3つが出ないor計算間違い(-0.5点×6=-3点?)
  • 穴埋め1か所誤り(-0.5点?)
    • この誤りに加え、「形状」を「形」と書く(-0.5点?)
  • 申請人欄誤り。代位のところが書けていない(-3点?)。
  • 座標が出ていないため地積3つ出せない(-0.5×3=-1.5点?)。
  • (イ)(ロ)(ハ)を書き忘れる(-0.5×3=-1.5点?)。

裏側の図面のほう(-4.5点?)

  • 座標が出ていないため辺長5か所誤り(-0.5点×5=-2.5点?)
  • K市基準点の地点を明記していない。問題文に「座標値を記載することを要しない」と書かれていたため、二重線で消した。座標値=K市基準点の地点である(-0.5点×4=-2点?)
    • K市基準点の点名(2つを2行で)書く。ただし、問題文によると「座標値を記載することを要しない」とされていたため、その指示に従い、座標値のみ二重線で取り消す。

もし答練講座で10回以上練習問題を解いてそれを採点してもらえていれば、土地家屋調査士試験を初めて受験する方でも過去に本試験を10回以上受けたも同然の経験を手にしていることになります。その過程ではおそらく様々なミスをすることになると思いますが、一度ミスをしておけばもう本番で同じようなミスをすることはたぶんないと思います。独学で本試験を受験する方は1年間を1年間として過ごしていると思いますが、答練講座の利用者はおそらく1年間に10年以上の経験を積んでいるのだと思います。今回3回目の答案用紙の返却を受けた私は、もう何年も土地家屋調査士試験を受けているはずなのに本試験という名の答練をまだ3回受けたばかりの初学者です。

ところで土地家屋調査士試験の合格者の約5割を輩出している資格予備校やフルカラーテキストの調査士講座のことをご存じでしょうか? 当サイトおすすめの土地家屋調査士試験、測量士補試験の予備校講座はこちらです。リンク先で詳細をご確認下さい。


通信講座・通学講座・書籍・メディア教材で
資格取得をお手伝いします。
有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院



難関資格試験の通信講座ならアガルートアカデミー
フルカラーテキストの調査士講座
フルカラーテキストの測量士補講座