独学で午前の部に合格する方法

午前の部の内容(戻る

択一式60点、記述式40点の合計100点満点です。択一式は全10問出題されます(1問6点です)。内訳は計算問題8、文章問題2です。記述式は大問は1つですが、その中に小問が複数あり、内容は計算と作図です。

記述式の模範解答や配点、採点基準等は公開されておらず不明です。採点結果は0.5点刻みで出ます。

午前の部の合格点(戻る

午前の部の合格点
年度合格点合格基準点
択一式記述式
平成30年
(2018年)
72.0点30.0点
(5/10問)
35.0点
(87.5%)
平成29年
(2017年)
72.0点30.0点
(5/10問)
33.0点
(82.5%)
平成28年
(2016年)
70.0点30.0点
(5/10問)
32.0点
(80.0%)

択一式、記述式ともに合格基準点(≒合格最低点)が設けられており、択一式の点数と記述式の点数の合計点が合格点を超えていても、この両方の合格基準点を満たせなかったときは不合格になります。

午前の部の合格率(戻る

午前の部の合格率
年度合格率合格者受験者
平成30年
(2018年)
8.69%12(12)138
平成29年
(2017年)
6.20%8(7)129
平成28年
(2016年)
8.84%13(10)147

合格者の欄のかっこ内は法務大臣が認定した者の数です。差し引きするとその年の午前の部を受けて筆記試験に合格した人(午前の部、午後の部の両方の試験に合格した人)の数が分かります。

土地家屋調査士試験の午後の部は、年々、初学者が通りづらくなっています。午前の部の記述式で8割〜9割近い合格基準点を取っている午前の部の合格者が午後の部に落ちる割合が年々高まっています。H28は76.9%、H29は87.5%、H30は100%が午後の部に落ちています。

法務大臣が認定した者(戻る

受験案内書に出てくる言葉です。午前の部を受けて、法務大臣が認定する認定基準点(例年、合格点と同じ点数で認定)以上の点数を取った人(筆記試験に合格した者を除く)は、受験案内書で言うところの「午前の部の試験について筆記試験に合格した者と同等以上の知識及び技能を有するものとして法務大臣が認定した者」となり、翌年度以降は測量士補試験や二級建築士試験等の合格者と同じく、申請により午前の部が免除されます。

午前の部の対策(戻る

まずは午前の部に関する書籍を用意する必要があります。午前の部のうち択一式に関しては、測量士補試験と似たような問題が結構多いと思うので、測量士補試験の計算問題の勉強をすることも午前の部の対策になります。

午前の部に関する書籍(戻る

平成〇年度 土地家屋調査士 本試験問題と詳細解説

毎年出版されている1年分の過去問題集です。平成27年(2015年)度までは「午後の部」の問題だけを収録していましたが、平成28年(2016年)度以降は「午前の部」の問題も収録するようになりました。ただし、書店に行っても古い1年分の過去問題集は置いていないと思うので、この本を買い集めて午前の部の対策をするのは困難です。

月刊誌「不動産法律セミナー」12月号

平成29年(2017年)度までは10月号に午前の部を含む試験問題とその解説が掲載されていましたが、平成30年(2018年)度以降は試験実施時期が8月から10月に変更され、試験問題とその解説が掲載される号も12月号に変更されました。

月刊誌も古いものは書店にはないと思いますが、月刊誌「不動産法律セミナー」は定期購読をすると、その期間中、約4年分のバックナンバー(デジタル版)が読み放題となるため、それを利用する手があります。

土地家屋調査士(午前の部)本試験問題 解説講義

最も多くの過去問をデジタルではなく現物のテキストとして一番楽に入手できる方法です。午前の部の合格を目指すなら基本的にはこの教材を選ぶことになると思います。Yahoo!知恵袋等でまれによく見る、午前の部を受けるかどうかを迷っている人たちにおすすめの教材です。午前の部に関してはたぶんいろいろな意見があると思いますが、まずはやってみることが大事なのではないでしょうか。