イベントで配下になる武将

木下藤吉郎プレイ時にイベントで配下になる武将

歴史イベントで木下藤吉郎の配下になる武将です。

イベント武将名
小一郎登用木下小一郎(算用1)
墨俣一夜城蜂須賀小六(乱波2、剣術1、軍学1、鉄砲1)
半兵衛調略竹中半兵衛(弁舌3、築城3、軍学3、礼法2、剣術1、騎馬1、鉄砲1、茶道1)

木下小一郎は馬屋や鍛冶屋で下働きするなり何なりして育てましょう。初期能力のままだとあまり役に立ちません(算用1があるので、もしかすると同行者にすると商家から値切れるかも?)。

竹中半兵衛は合戦時にすべての陣形を使えます。長蛇で移動して、通常時や鉄砲で離れたところから攻撃するときは飛鳥を使うのがおすすめです。自分の部隊に統率が低い武将がいたり、波多野家の赤井直正など戦闘相手も飛鳥を使っているときは雲龍を使います。

他武将プレイで始めから配下の武将

柴田勝家プレイでは「拝郷家嘉」、明智光秀プレイでは「明智光春」が始めから配下にいます。新武将プレイは浪人からのスタートなので配下はいません。

武将名技能
拝郷家嘉剣術1、軍学1、鉄砲1
明智光春築城1、礼法1、剣術1、軍学1、騎馬2、鉄砲2

柴田勝家プレイ、新武将プレイ時の蜂須賀小六

柴田勝家プレイ、新武将プレイ時は自分が墨俣城の攻城戦に負けなければ、柴田勝家や新武将が墨俣城を建てます。この場合、蜂須賀小六は墨俣築城の主命成果報告後に清洲の町の酒場に浪人として登場します。

柴田勝家プレイ、新武将プレイ時の竹中半兵衛

柴田勝家プレイ、新武将プレイ時は半兵衛調略のイベントが発生せず、竹中半兵衛がゲームに出てきません。明智光秀プレイだと竹中半兵衛は最初から木下藤吉郎の配下になっています。