撮影高度を求める問題

2014年度 No.19

画面距離7cm、撮像面での素子寸法6μmのデジタル航空カメラを用いた、数値空中写真の撮影計画を作成した。このときの撮影基準面での地上画素寸法を18cmとした場合、撮影高度は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。

ただし、撮影基準面の標高は0mとする。

  1. 1,500m
  2. 1,700m
  3. 1,900m
  4. 2,100m
  5. 2,300m

解き方

図を書いて数字を入れる。写真測量の計算問題を解くときは、いつも最初に次のような図を書くことになる。求めたいのは?のところ。
図19a

次に単位を揃える。仲間はずれのμmをcmに直す。μはマイクロと読む。1μmは10−6m。10−6は1/1000000という意味です。0が6個。

6μm=6×10−6m
         =6×1/1000000m
         =0.000006m
         =0000.6cm

比の計算をする。単位は全部cmです。

0.0006:18=7:X
  0.0006X=126
  X=210000

というわけで、210000cm=2100mなのでこの問題の答えは4です。

スポンサーリンク