鶏ふん、牛ふん、バーク堆肥は
同じ商品でも中身が違うし、
別の商品でも中身が同じことがあるが、
施用面積はどれも同じ

同じ袋の同じ商品でも中身が違う

同じホームセンターにある同じ袋の同じ商品でもお店がある地域や時間の経過等により中身は様々です。以下その例。

全部同じ商品
原料肥料の種類袋に大きく書いてある商品名
バーク堆肥40L
(全部同じ商品)
樹皮
(商品の重量は20kg)
たい肥 熟成バークたい肥
樹皮、植物性有機物
(重量読み取れず不明)
工場汚泥、樹皮、木くず、食品残さ
(商品の重量は14kg)
汚泥発酵肥料

同じホームセンターにある同じ袋の同じ「熟成バークたい肥」でもお店がある地域や時間の経過等により中身は様々です。「熟成バークたい肥」と書いてあるためバーク堆肥だと思って買ったら、たい肥ではなく汚泥発酵肥料が入っていることもあるくらいです。

袋の絵柄や商品名、価格が違っていても中身は同じ

私の近所では中身が同じで外側の袋だけが違う別の商品がホームセンターAでは税込約300円、ホームセンターBでは税込約400円の値段で販売されていました。同じ生産者の、同じ原料の、同じ内容量のバーク堆肥でも袋の絵柄やそこに大きく書いてある商品名、値段等はホームセンターにより様々です(「肥料取締法に基づく表示」や「生産業者保証票」等の表示は同じです)。

2021年現在私の周囲の複数のホームセンターにあるバーク堆肥は、どれも同じ生産者が生産した同じ名称のバーク堆肥であり、ホームセンターにより外側の絵柄やそこに大きく書いてある商品名が違っていても中身は同じです。もしそのバーク堆肥が売り切れれば別の近隣の生産者によるバーク堆肥に中身が切り替わるのだと思います(牛ふんなどはそうなることを近所のお店で確認済み)。

このような事情がある場合、ネットでよく言われているような、どこどこのホームセンターのバーク堆肥は質が良い、または悪いということがあり得るのかどうか疑問に思うようなところがありますが、実際のところどうなのかは調べていないので分かりません。

同じものでも変なものを優先して入れることはできると思います。たとえば原料は樹皮なら樹皮としか書かれておらず、どこでどう入手した樹皮であるかまでは分かりませんし、また、同じ原料を使って同じ方法で作った同じバーク堆肥でも、そのバーク堆肥全体が毎回まったく同じ状態であるとは限らないためです。同じ原料を使って同じ方法で、自分でぼかし肥料を作っても、そのぼかし肥料が毎回常に同じ状態であるとは限らないと思います(ましてや全体をや)。

肥料成分が違っても施用面積は同じ

中身が変わるということは肥料成分も変わるわけで、牛ふんなどは私の近所では切り替えにより肥料の三要素のうち変化が大きいものだと1.5倍程度の差が出るものを見たことがありますが、肥料成分が1.5倍に増えてもその牛ふんが1坪分の堆肥であるという表示に変わりはなく、ネット上では堆肥を入れすぎると肥料過多になるため用法容量を守るべきと言う意見もありますが、私は私が購入した牛ふんが1坪分の堆肥とされている根拠がどこにあるかが分からなくなってしまいました。

鶏ふんの袋には「元肥で10坪分」と書かれており、その堆肥が何坪分の堆肥なのかは肥料成分で決めているように見えますが、肥料成分は製造者や原料等により変わるため、それに伴いその堆肥が何坪分の堆肥になるかも変わるような気がしますが、実際にはそうなっていないため悩んでいます。

画像検索してみると私が購入した牛ふんの2分の1くらいの肥料成分しかない牛ふんでも「菜園で1坪分」とされているようです。鶏ふんは私が購入した10坪分の鶏ふんと原料や重量、肥料成分、C/N比がほぼ同じ(違いはリン酸+0.6%、加里+0.1%であることのみ)でも「元肥で5坪分」とされているものがあるようです。

普通化成の施肥量と鶏ふんの施用量の比較

※ 化成肥料のうち8-8-8のものを普通化成、それ以上のもの(たとえば14-14-14のもの)を高度化成と言うようです。この8-8-8などの数字は重量あたりの肥料成分の割合を示しており、たとえば8-8-8の化成肥料を100グラムまくと窒素8グラム、リン酸8グラム、加里8グラムを与えたことになるそうです。

元肥の場合

以前私が使用していた普通化成の袋に掲載されていた施肥量の目安が元肥の場合30坪(99m2)で15kgとされており、これを1m2あたりに直すと152gが目安です。3要素をそれぞれ約12グラムずつ与えていることになります。

そして今、私の手元にある鶏ふんは15kgで10坪分(33m2分)のため、1m2あたり455gが目安です。同鶏ふんに含まれる肥料成分は普通化成の半分未満~3分の1程度のため、この普通化成の施肥量と比べてみたときの同鶏ふんの施用量はたぶん妥当~少し多いくらいだと思います。ただし、画像検索で出てくる一部の鶏ふんは肥料成分が増えているのに施用面積が減少しておりアウトだと思います。ただし、同じ商品でも製造者や原料等により中身が異なるため、もしかすると同じ15kgでも5坪分にしかならない鶏ふんもあるのかもしれません。

追肥の場合

同普通化成は果菜根菜類に対する追肥の場合30坪(99m2)あたり9kg(1m2あたり91g)を目安としており(ちなみに葉菜類に対する追肥の場合は30坪あたり4.5kgが目安)、2021年現在私の手元にある鶏ふんなら1m2あたり、この約3倍の272gが妥当~少し多いくらいの追肥の目安になるのかもしれません。ただし、鶏ふんを追肥に使えるかどうかは賛否両論あるようです。

普通化成の施肥量と牛ふんの施用量の比較

私が購入した40L(12kg)の牛ふんは「菜園・畑で1坪分」とされており、パッケージ記載の「施肥量目安と使用方法」によると、元肥として「1m2当り10~20Lが目安」とされています。そのため、この牛ふんの「菜園・畑で1坪分」(1坪=約3.3m2)というのは、たぶん元肥として使用する場合のことを言っているのだと思います。ちなみに追肥としては「1株当り1にぎりが目安」で作物の株間に与え、土をかけるとされています。

この牛ふんは12kgで1坪(3.3m2)分のため、1m2あたり3,636gがこの牛ふんの施用目安です。普通化成の施肥面積が1m2あたり152gのため、普通化成と比べると牛ふんは大量に投入しなければならないようです。ちなみにこの牛ふんの肥料成分は普通化成の3分の1~5分の1程度です。

「堆肥は化成肥料と違って植物が吸収できる形になるまで土壌にいる微生物に分解されないと栄養にならない」「鶏ふんは即効性、牛ふんは遅効性の堆肥である」などとよく言われていますが、変わったところでは「肥効率が違う」という話もあるようです。

私が購入した化成肥料、鶏ふん、牛ふんの施肥量のまとめ

私が購入した化成肥料、鶏ふん、牛ふんの施肥量(1m2当り)
元肥追肥
普通化成152g91g
鶏ふん455g272g(予想)
牛ふん3,636g1株当り1握り

化成肥料と堆肥を商品説明どおりに投入すると肥料過多になる?

栽培方法を解説するサイトなどでは元肥を入れる前に産業廃棄物の堆肥を1m2あたり2~3kg入れて、自分の畑を産業廃棄物の最終処分場にしろと言っているケースが多く、元肥として化成肥料のみを使うケースとその前に産業廃棄物の堆肥を投入して自分の畑を産業廃棄物の最終処分場にするケースとで肥料成分の投入量が変わってくると思いますが、後者のケースで化成肥料や鶏ふん、牛ふんの投入量を抑えたほうが良いのかどうかが分からず困っています。

上表の元肥というのは、たぶんその商品を単体で使用する場合のことだと思うので、たとえば1m2の畝に1m2分の化成肥料、1m2分の鶏ふん、1m2分の牛ふんを入れた場合、通常の3倍量の元肥を投入していることになります。しかし、栽培方法を解説するサイトを見て「堆肥と化成肥料を畑に入れる」という情報だけが頭に残っていると、堆肥と化成肥料を入れるらしい→堆肥と化成肥料を買ってくる→買ってきた商品の説明によると堆肥は1m2あたり〇〇グラム、化成肥料は1m2あたり××グラム入れるらしい→通常の2倍量の元肥投入へ、という行動を起こしやすいと思います。

しかし、その一方で「堆肥や腐葉土を肥料だと思っていませんか?(特に堆肥などは名前からして有機肥料のようですが)」という挑発的な言葉もあり、堆肥は肥料ではないという意見もあるようです(ただし、原料が植物由来の堆肥のことを言っているようです。植物由来の堆肥は肥料成分が少ないとよく言われています)。私が購入した鶏ふんは袋の表面に「田畑の元肥に適した、経済的肥料です」、牛ふんには「植物の生育をささえる大切な肥料です」と記載されており、鶏ふん、牛ふんは肥料のようにも思えますが、実際どうなのかは分かりません。特に牛ふんは原料に植物由来のもの(おがくず、樹皮等)が使われているものもあると思います。

元肥と言っても、堆肥の元肥、化成肥料の元肥の2つの元肥が必要で通常の2倍量の投入にはなっていないという考え方もできると思います(その考え方が正しいのかどうかは別として)。

肥料にならない工場汚泥等の堆肥もある?

農水省の汚泥肥料に関する基礎知識(一般向け)によると、汚泥をどうして畑に入れるのかというと、汚泥は有害成分が濃縮し、高濃度になっている可能性もありますが、窒素、リン酸などの栄養分も豊富に含んでおり、肥料になるためとされています。ただし、工場汚泥入りのバーク堆肥(汚泥発酵肥料。たい肥ではないのに商品名に堆肥と付けて販売されている)は肥料成分がどれも1%未満で栄養分は豊富ではないようです。

また、堆肥の種類は鶏ふん、牛ふんなどの家畜ふん堆肥やバーク堆肥(建築廃材、工場汚泥)に限らず、商品によっては販売元が、いわゆる古い土の復活材や再生材を堆肥として紹介していることもあるようです。復活材や再生材は商品によっては原料が公開されており、牛ふんなどの堆肥が原料に使われているものもあるようですが、肥料成分の表示はないようです。