私の近所で販売されていた堆肥に含まれている炭素の割合

私の近所で販売されていた堆肥に含まれている炭素の割合

各商品の袋に掲載されていた炭素窒素比(C/N比)と窒素の成分表示をもとに、炭素の割合を計算すると次のようになります。米ぬかは販売されていませんが、近所にコイン精米機があり、米ぬかはご自由にお持ちくださいとされているため一緒に載せることにしました。

私の近所にある堆肥や資材のC/N比等
C/N比窒素(N)炭素(C)
鶏ふん(A)15kg73.3%23.10%
鶏ふん(B)10kg83.2%25.60%
牛ふん(A)11kg12.41.4%17.36%
牛ふん(B)12kg221.8%39.60%
バーク堆肥(A)16kg220.5%11.00%
バーク堆肥(B)14kg300.6%18.00%
米ぬか
C/N比はウィキペディアによると23
232~2.5%
2~2.6%
46~59.8%

私の近所のホームセンターで販売されている堆肥の中で炭素の割合が一番高いのは、牛ふん(B)を例外として除けば鶏ふんです。二番目は牛ふんです。バーク堆肥は炭素の割合が低いです。窒素の割合が高いと炭素の割合も高くなる傾向にあると思います。

堆肥にも窒素、リン酸、カリの成分表示が付いていますが、化成肥料と家畜ふん堆肥は肥効率が違うという話もあるようです。また、バーク堆肥はリグニンという有機物が含まれているため分解されにくいとよく言われています。1キログラムの鉄と1キログラムの綿はどちらが重いかという話がありますが、有機物は有機物でも分解されやすい有機物と分解されにくい有機物があるようです。

ふん堆肥は炭素を多く含んでいる?

ポータルサイト「堆肥ペディア」の動物性堆肥の説明によるとふん堆肥は炭素を多く含んでいるとされていますが、おそらくこの文章の元になったと思われる共和化工株式会社の「そもそも堆肥とは何か?」の動物性堆肥の説明によると、牛ふん堆肥は炭素を多く含んでいるとされており、ポータルサイト「堆肥ペディア」の説明のほうは、おそらく「牛」という文字を打ち忘れたか、文章を書き写す際に意味が分からなくて「牛」という文字を付け足せなかったのではないかと思います。


牛ふん堆肥は牛ふんに炭素源となる有機物を加えて作られると説明されていることが多いです。

炭素は分解されず、それ以上変化しない?

シュフのためのお役立ちマガジン「shufuse」の「炭は肥料になる?土に埋めてはいけない場合とは」のページによると、「元素の一つである「炭素」は、それ以上に分解されない」「炭素はそれ以上変化しない物質」とされています。ウィキペディアによると樹皮のC/N比は100 - 1300とされており、もしかするとバーク堆肥は炭素以外の何かを大量に投入して作られているのかもしれません。

炭素の割合が高いと良くない?

ネット上では生の米ぬかを畑に入れるのは良くないとよく言われています。米ぬかは炭素の割合が高いです。3つの堆肥の中で炭素の割合が一番高い鶏ふんは、商品のパッケージに「発酵鶏ふん」などと書かれていても実際には発酵しておらず未熟なものもあるとネット上ではよく言われています。もしかすると炭素の割合が高いことは良くないことなのかもしれません。ネット上でも有機物(炭素を含む物質のこと)を畑に入れすぎると窒素飢餓が起きるとよく言われています。

しかし、ポータルサイト「堆肥ペディア」や共和化工株式会社によると、炭素を多く含んでいるほうが土壌改良効果があるとされています。しかし、ネット上では、炭素を多く含んでいる鶏ふんよりも炭素の割合が低いバーク堆肥のほうが土壌改良効果は高いとされていることが多いです。

炭素は有機物ではない?

炭素は有機物ではないという話もあるようです。

広告