バーク堆肥(汚泥発酵肥料)に関する誤解について

バーク堆肥に関する誤解について

私の近所で販売されているバーク堆肥は工場汚泥の中に樹皮や木くず等を混ぜて堆肥にしたものです。今回はネットを見ていて気がついたバーク堆肥に関する誤解について書いていきたいと思います。主に次の4点になります。

これから1つずつ説明していきたいと思います。

バーク堆肥は牛ふんよりも安い

ネット上では鶏ふん、牛ふん、バーク堆肥について肥料成分、土壌改良効果、価格の3点から比較されていることが多く、主に次のように解説されていると思います。しかし、このうち価格については誤りがあると思います。そして肥料成分に関しても、たぶん商品により異なると思います。

↓ネットでよく見る情報↓
肥料成分土壌改良効果1袋40リットル(鶏ふんは15kg)の価格
鶏ふん多いほぼない安い(100円程度)
牛ふん少ないある中間(300円程度)
バーク堆肥ほぼない高い高い(400円程度)

私は肥料成分や土壌改良効果の測定はできませんが、ホームセンターには行くので価格のことなら分かります。私の近所のホームセンターでは鶏ふん100円程度、牛ふん300円程度、バーク堆肥400円程度の値段で販売されています(すべて税込1袋40リットル(鶏ふんのみ15kg。鶏ふんにはリットルの表示がなかった。袋の大きさはほぼ同じ)の価格)。元ホームセンターの店長さんが2021年8月26日時点で紹介している価格を見ても、会社により多少の差はあると思いますが、複数のホームセンターで大体そんな値段で販売されていることが分かると思います。

そして1袋の値段だけを見ると確かに価格は「鶏ふん<牛ふん<バーク堆肥」なのですが、1つ見落としていることがあると思います。それはその1袋を何坪分の堆肥として使えるかです。私の近所のホームセンターにある堆肥は次のようになっていました。

↓私の近所のホームセンターにある堆肥の情報↓
1袋(40L。鶏ふんは15kg)で何坪分か1坪(約3.3m2)あたりの値段
鶏ふん(15kg)10坪分(約33平方メートル分)約10円
牛ふん(12kg)1坪分(約3.3平方メートル分)約300円
バーク堆肥(14kg)3坪分(約9.9平方メートル分)約133円

このとおり1袋の価格を見るのではなく、1坪あたりの値段を考えると牛ふんよりもバーク堆肥のほうが値段が安いのです(少なくとも私の近所のお店ではそう)。一番高いのは牛ふんです。

鶏ふんは牛ふんと比べて肥料成分が著しく高いとは限らない

鶏ふんの肥料成分が牛ふんのそれと比べて著しく高いとは限りません。商品やその商品の中身により異なると思います。たとえば私の近所のホームセンターにある鶏ふんは窒素3.3、リン酸2.9、加里2.4で、同じ売り場にある牛ふん(窒素1.8、リン酸1.6、加里2.5)と大して変わりません。加里などは鶏ふんよりも牛ふんのほうが数字が高いくらいです。

バーク堆肥は必ずしも特殊肥料とは限らない

バーク堆肥は特殊肥料とされています。ウィキペディアも法的定義のところでそう述べています。そして特殊肥料以外の肥料は、法的にはすべて普通肥料に該当します。

バーク堆肥を特殊肥料とする根拠は農林省告示にあり、「一 肥料の品質の確保等に関する法律第二条第二項の特殊肥料」のうち(ハ)の中にある「堆肥(わら、もみがら、樹皮、動物の排せつ物その他の動植物質の有機質物(汚泥及び魚介類の臓器を除く。)を堆積又は攪拌し、腐熟させたもの」という箇所がそれに該当していると思います。

ただし、すべてのバーク堆肥が必ずしも特殊肥料であるとは限りません。というのも私がホームセンターで購入したバーク堆肥は特殊肥料ではなかったためです。私がホームセンターで購入したバーク堆肥は次のようなものでした。

「安心で安全!有機質由来100%の土壌改良材」

生産業者保証票から一部抜粋
肥料の種類汚泥発酵肥料
肥料の名称※当サイト管理人により削除
原料の種類(原料) 工場汚泥、樹皮、木くず、食品残さ

このバーク堆肥には工場汚泥が使われています。

令和3年1月新潟県農林水産部の特殊肥料生産の手引き(pdf6ページ)によると、特殊肥料に使用できない原材料の1つとして汚泥があげられており汚泥(※)を使用すると「堆肥」ではなく「汚泥肥料」となり、農林水産大臣の登録が必要となるほか、有機農産物にも利用できない資材となります。 (※汚泥とは、工場、事業所から排出される排水、下水道終末処理場における下水、し尿等を指します。)」とされています。

なんにしても私が購入したバーク堆肥は特殊肥料ではありません。農林水産大臣の登録も確認しました。堆肥ではなく、生産業者保証票によると汚泥発酵肥料です。バーク堆肥が必ずしもたい肥であり、特殊肥料であるとは限りません。特殊肥料のバーク堆肥(たい肥)ではなく、普通肥料のバーク堆肥(汚泥発酵肥料)が入っていることもあるようです。

同じ商品でも袋によって中身が違い、たい肥ではなく汚泥発酵肥料が入っていることもある

同じ年に同じホームセンターで同じ価格の同じ商品を購入している方を見つけました。この方です。しかし、この方の購入したバーク堆肥と私の購入したバーク堆肥は中身が違っていました。

この方が購入したバーク堆肥の「肥料取締法に基づく表示」から一部抜粋
肥料の種類たい肥
肥料の名称バーク堆肥
原料樹皮、植物性有機物
私が購入したバーク堆肥の「生産業者保証票」から一部抜粋
肥料の種類汚泥発酵肥料
肥料の名称※当サイト管理人により削除
原料の種類(原料)工場汚泥、樹皮、木くず、食品残さ

この方が購入したバーク堆肥には原料として工場汚泥の記載がありません。そのためこの方が購入したバーク堆肥はもしかすると特殊肥料かもしれません。同じ年に同じホームセンターで同じ価格の同じ商品を購入しても、袋によって中身が違い、普通肥料のバーク堆肥(汚泥発酵肥料)ではなく、特殊肥料のバーク堆肥(たい肥)が入っていることもあるようです。

画像検索で同じ商品を探してみると植物性有機物も使われておらず原料が樹皮のみのバーク堆肥(たい肥)もあるようです。もし同じ売り場に原料だけが違う同じ商品(「工場汚泥、樹皮、木くず、食品残さ」の袋、「樹皮、植物性有機物」の袋、「樹皮」の袋の3つ)があり、その旨を強調して表示していれば、かっこ内の先頭のバーク堆肥はたぶん選ばれにくいと思います。工場汚泥という文字を見ると、少し良くない印象を持つ方もいると思うためです。

ただし、パッケージが皆同じだと、袋には牛ふん入りと書いてあるバーク堆肥なのに、実際には牛ふんが入っていないため「この商品に牛ふんは入っておりません」と書かれた立て看板が売り場に置かれたりするため、目を引きやすくなるという利点もあると思います。

私の近所や他府県にある同じホームセンターの堆肥の原料
原料肥料の種類袋に大きく書いてある商品名
鶏ふん鶏ふんたい肥発酵鶏ふん(←分かる)
牛ふん牛ふん、おがくず、樹皮たい肥発酵牛ふん(←分かる)
バーク堆肥
(全部同じ商品)
樹皮
(商品の重量は20kg)
たい肥熟成バークたい肥(←分かる)
樹皮、植物性有機物
(重量読み取れず不明)
工場汚泥、樹皮、木くず、食品残さ
(商品の重量は14kg)
汚泥発酵肥料熟成バークたい肥(←

バーク堆肥のうち上から三番目の商品は、もしこの商品の原料の工場汚泥が牛ふんだった場合、商品名は牛ふん、またはバーク入り牛ふん等になるのではないかという意味では「熟成バークたい肥」という商品名はふさわしくないと思います。「熟成工場汚泥たい肥」等に変更すべきだと思います。

しかし、実際のところ各原料がどの程度の割合で使われているかは私には分かりません。私に分かるのは、たとえば仮に食品残さの比重を1とすると、工場汚泥4、樹皮3、木くず2、食品残さ1というように順を追って割合が下がっていく形で各原料が使われているということだけです。ちなみにバーク堆肥のバークとは樹皮のことです。木くずはバークではありません。

なんにしても、同じホームセンターにある同じ袋の同じ商品でもお店がある地域や時間の経過等により中身は様々です。袋に大きく「熟成バークたい肥」と書いてあるためバーク堆肥だと思って買ったら、たい肥ではなく汚泥発酵肥料が入っていることもあるくらいです。生産業者保証票には肥料の種類のところにきちんと「汚泥発酵肥料」と掲載されているため、勘違いのないように、このような保証票等の表示もきちんと確認してから堆肥を購入する必要があると思います。ちなみにバーク堆肥の体積はどれも40Lですが、私が購入したバーク堆肥は14kgと比較的軽いため持ち運びしやすいという利点があります。非力な方だと商品は軽いほうが持ち運びやすくて助かると思います。

生産業者保証票の内容が違うこともある

いろいろ探してみたところ、生産業者保証票に「肥料の種類」と「肥料の名称」が掲載されていないバーク堆肥もあるようです。このようなバーク堆肥の場合は「原料の種類」をチェックしてから購入することになりそうです。ただし、このバーク堆肥は2020年12月16日投稿のYouTubeの動画内で見つけたバーク堆肥のため、これだけは年が違います。その動画の2分11秒~56秒をパソコンの全画面動画で確認したところ、ピントがしっかり合っており、くっきりと「工場汚泥」の文字が見えました。生産業者保証票の登録番号の下にあるはずの「肥料の種類」と「肥料の名称」が無い(2分10秒~12秒を見る限り、生産業者保証票に「肥料の種類」と「肥料の名称」が掲載されていないように見える)ことを除けば、私が購入したバーク堆肥と生産業者保証票の内容がほぼ同じです。

このようなベテランの方でも工場汚泥を使っていることが分かると、家庭菜園初心者の方でも工場汚泥の使用を勇気づけられると思います。2021年11月現在YouTubeの検索欄に「バーク堆肥 こう」と入れると「バーク堆肥 工汚泥」という検索候補が出てくるくらいなので、工場汚泥が使われているバーク堆肥のことが気になっている方はたぶん多いのではないかと思います。逆に「工場汚泥」のほうを先に検索欄に入れると「工場汚泥 バーク堆肥」という検索候補が出てきますね。

生産した年月は「裏面記載のとおり」

ちなみに私が購入したバーク堆肥の袋の生産業者保証票によると生産した年月は「裏面記載のとおり」とありますが、生産した年月は鏡文字(左右反転文字)で「21. 09」と書かれており、本当に袋の裏面(内側)に記載しているのかと思ったら袋の内側の色は黒だったため裏面に記載しているかどうかは判断できませんでした。表(袋の外側)から見ると鏡文字なので「90. 12」の順になり、しかも鏡文字のためパッと見、何が書いてあるかがよく分かりません。鏡に写して初めてその文字が数字であることが分かり「裏面記載のとおり」とされている生産した年月であることが分かるようになっています。確かに生産年月は裏面から記載されていますが、袋の裏面は黒いため、生産年月は表からしか読み取れないと思います。

普通肥料の汚泥発酵肥料は、特殊肥料のたい肥よりも安心で安全?

有害物質を濃縮した工場汚泥という農水省の説明を見ると、工場汚泥に対して少し良くない印象を持つ方もいると思います。しかし、バーク堆肥(汚泥発酵肥料。普通肥料)は、バーク堆肥(たい肥。特殊肥料)とは違い、公定規格で含有を許される有害成分の最大量が定められており、このような規格に則るバーク堆肥(汚泥発酵肥料。普通肥料)は、公定規格がないバーク堆肥(たい肥。特殊肥料)や鶏ふん、牛ふんなどの家畜ふん堆肥よりも、むしろ安心で安全と言えるかもしれません。

東商の「醗酵油かす」も基準値をクリアーしている

たとえば東商の「醗酵油かす」などは2022年現在公式WEBサイトで見られる資料「パンフレット(表)」の中で「国が定めた有害物質含有率の品質基準をクリアー」としており、実際に発酵油かすに含まれる有害物質含有量の分析値(いずれも国の品質基準をクリアしている)を掲載しており、このように国の定めた品質基準をクリアしている安全安心なこの発酵油かすを喜んで使う方たちなら、私が購入したような公定規格をクリアーした工場汚泥入りのバーク堆肥(汚泥発酵肥料)も安全安心で何の問題もなく使えるものであることを分かってもらえると思います。

家畜ふん堆肥に関する規制は法改正により無くなった?

なお、家畜ふん堆肥に関する規制は、2000年の肥料取締法改正により無くなったそうです(pdf2ページ。右側1行目以降)。ただし、これは2002年の話で今はどうなっているかは検索してもまったく情報がないため何も分かりません。それ以前は汚泥肥料も特殊肥料とされており、汚泥肥料や家畜ふん堆肥には乾物1kgあたり、ひ素50mg以下、カドミウム5mg以下、水銀2mg以下という、この3つの有害成分に関しては現在の汚泥発酵肥料に含有を許される有害成分と同じ数値の規制があったそうです。ただし、同pdfのデータを見ると、家畜ふん堆肥に含まれる有害成分は、汚泥発酵肥料に含有を許される有害成分の最大量よりも低いものが多いように見えます。

同pdfによると「一部の堆肥でみられた高濃度に含有された重金属は,一部の木質系副資材に由来する可能性が推測された」とされています。

汚泥発酵肥料に含有を許される有害成分の最大量(乾物あたり)
ひ素0.005%、1kgあたり50mg 和歌山毒物カレー事件
被害者のひ素摂取量は、重症者で200mg以上、
軽症者で20mg~30mgだった。
私の購入したバーク堆肥は14kgですが、
乾物だともっと軽くなると思う。
そのため、14kg×50mg=最大700mg含有
というわけではない。
カドミウム0.0005%、1kgあたり5mgイタイイタイ病
水銀0.0002%、1kgあたり2mg水俣病(映画「MINAMATA―ミナマタ―」公式サイト)
ニッケル0.03%、1kgあたり300mg悪魔の銅。発がん性物質
クロム0.05%、1kgあたり500mg六価クロム。発がん性物質
0.01%、1kgあたり100mg鉛中毒

汚泥肥料も有害成分の量は少ないものが多い?

ただし、これだけだと汚泥発酵肥料と家畜ふん堆肥の公平な比較にはならないと思います。なぜなら汚泥発酵肥料に実際に含まれる有害成分の量が不明のためです。汚泥肥料の種類と成分含有量の実態—FAMICの肥料検査成績から—を見ると、汚泥肥料も有害成分の量は少ないものが多いように見えます(pdf8ページの表6を参照のこと)。FAMIC(独立行政法人農林水産消費安全技術センター)とは、農林水産大臣の登録前の普通肥料の事前調査をしている組織です(ただし、このpdfは2013年の話で今はどうなっているかは検索しても情報がないため何も分からない)。

ここでもう1つ問題になると思うのが、汚泥が常に一定の汚れ方をしているとは限らないことです。すごく汚れている場合もあれば、少ししか汚れていない場合もあると思います。これは農水省の「汚泥肥料に関する基礎知識(一般向け)」でも指摘されているところです。汚泥発酵肥料の登録の有効期間は3年となっており、登録時の調査では基準値を下回っていた場合でも、その後に汚泥発酵肥料の生産者が生産した汚泥発酵肥料が、どの程度の汚れ方をしているかは登録を引き受ける側には分かりません。FAMICの立入検査により判明した個別の違反事例の公表はこちらです。

工場汚泥だから云々は偏見?

いかがでしたか? 私は今、畑の隅に山積みされたこの工場汚泥の処分に困っています。同じホームセンターの同じ価格の同じ商品でも袋によって中身が違うことがあるため、堆肥や肥料の購入時には生産業者保証票や肥料取締法に基づく表示等をよく見て、中身をよく確認してから購入するようにしましょう。個人的には通販のレビューなどを見て通販で購入するのがおすすめです。それが嫌なら工場汚泥を使うしかないですね! 公定規格もあり安心して使えると思います。

同じ産業廃棄物でも、使用する際に比較的抵抗感の薄い油かす等の有機肥料も、その多くは汚泥発酵肥料と同じように国が定めた有害物質含有率の品質基準をクリアーして販売されていると思います。同じ有機肥料の工場汚泥に関してのみ工場汚泥だから云々といって避けようとするのは工場汚泥に対する偏見、あるいは有機肥料に対する誤解(有機肥料を何か良いものだと勘違いしている?)があるためだと思います。

副産とは?

ちなみに「副産」という聞きなれない言葉も広まってきていると思いますが、この副産というのはたとえば副産りん酸肥料の解説pdfによると「食品工業、化学工業又は下水道の終末処理場その他の排水の脱りん処理に伴い副産されるものをいい」などとされているようです。