土地家屋調査士試験の独学者の92%は10年以上勉強を続けても試験に受からない

前提条件(戻る

以下の条件は東京法経学院のサイトに掲載されていた月刊誌「不動産法律セミナー」による合格者アンケート調査の結果の一部(平成27年(2015年)度試験合格者のデータです)や、日本土地家屋調査士会連合会による平成26年(2014年)度試験受験者対象のアンケート調査、平成28年(2016年)度試験の午前の部の受験申請者数(少なくとも509名)を参考にしたものです。

  • 受験生の4割、合格者の8%が独学。
  • 新規参入者1,000人(予備校利用者600人、独学者400人)。
  • 合格者数400人(予備校利用者368人、独学者32人)。
  • 合格するまで毎年受験する。
  • 独学者は意味不明な言い訳を続けながら何度落ちても独学を貫く。
  • 受験1回目で合格12%(48/400人)
  • 受験2回目で合格22%(88/400人)
  • 受験3回目で合格19%(76/400人)
  • 受験4回目で合格17%(68/400人)
  • 受験5回目以上で合格30%(120/400人)

新規参入者の数について(戻る

新規参入者数については、勉強1年目に測量士補試験と土地家屋調査士試験を両方とも受けずに、勉強1年目は測量士補試験、勉強2年目から土地家屋調査士試験というように年をまたぐ人もいると思うので、平成28年(2016年)度試験の午前の部の受験申請者数(少なくとも509名)を適当に約2倍にして1,000人にしました。

月刊誌「不動産法律セミナー」2018年4月号では新たに、受験指導校を最初から利用していたか、それとも途中から利用したかも紹介するようになりましたが、ここではそのことは考えず、受験指導校利用者は最初から全員、受験指導校を利用していたものとします(ちなみに受験指導校を「最初は利用していたが、途中で止めて独学にした」合格者の割合は0%でした。独学者に未来はないです)。

新規参入者の合否の予想(戻る

以上の条件を参考にして「新規参入者1,000人」(予備校利用者600人、独学者400人)の将来を予想すると次のようになります。

  • 受験1回目

    1,000人受験、48人合格(内訳は予備校利用者44.16人、独学3.84人)

  • 受験2回目

    952人受験、88人合格(内訳は予備校利用者80.96人、独学7.04人)

  • 受験3回目

    864人受験、76人合格(内訳は予備校利用者69.92人、独学6.08人)

合格者の約半数は実質2年以内の勉強をして3回以内の受験で試験に合格しています。

  • 受験4回目

    788人受験、68人合格(内訳は予備校利用者62.56人、独学5.44人)

ここまでの「新規参入者1,000人」に占める合格者の割合は28%(280/1,000人)です。内訳は予備校利用者257.6/600人、独学者22.4/400人です。残りは720/1,000人(内訳は予備校利用者342.4/600人、独学者377.6/400人)です。

予備校利用者は1〜4回目の受験で42.9%(257.6/600人)が試験に合格しているのに対して、独学者は4回受験しても5.6%(22.4/400人)しか試験に合格していません。独学者の94.4%(377.6/400人)は4回受験しても試験に受かりません。

受験5回目以上(戻る

  • 受験5回目以上

    720人受験、120人合格(内訳は予備校利用者110.4人、独学9.6人)

残りは600/1,000人(内訳は予備校利用者232/600人、独学者368/400人)です。予備校利用者は5回目以上の受験で61.3%(368/600人)が試験に合格しているのに対して、独学者は5回以上受験しても8.0%(32/400人)しか試験に合格していません。独学者の92.0%(368/400人)は5回以上受験しても試験に受かりません。

一方、予備校利用者の合格率はとても高いです。途中で挫折して受験をやめた人たちを分母から除けば、もうほとんどの人が試験に合格していると思います。

受験5回目以上とは最大何回くらいか?(戻る

東京法経学院のサイトに掲載されていた月刊誌「不動産法律セミナー」による合格者アンケート調査の結果の一部(平成27年(2015年)度試験合格者のデータです)によると、土地家屋調査士試験の合格者の約半数は実質2年以内の勉強をして3回以内の受験で試験に合格しています。実質学習期間は1〜7年までのデータが掲載されています。

3回受験しているのに実質2年しか勉強しない人たちの7年を単純に比例させると受験回数10.5回です。要は10年以上勉強を続けてもまだ試験に受からない人が60%(600/1,000人)の割合で存在しています。その多くは独学者です。

もしかすると10年がかりでも良いから独学で土地家屋調査士試験に合格しようとしている人がいるかもしれませんが、土地家屋調査士試験の独学者の92%(368/400人)は10年以上勉強を続けても試験に受かりません。

独学者が試験に合格するためのアドバイス(戻る

独学で土地家屋調査士試験の勉強をしようとしている人、また現にしている人は、これから予備校の講座を利用する予定があるか否かに関わらず、一刻も早く独学をやめてください。予備校の講座を利用するなら独学はやめられますし、講座を利用しないなら10年以上勉強を続けても試験に受からないので勉強を続ける意味がないです。

受験番号から受験地別の合格率を推測してみても、貧しくて講座を買えない人が多そうな地方と景気が良くて講座を利用している人が多そうな地方とでは合格率に最大2倍くらいの差があります。土地家屋調査士試験の合格率は出願者比6%台ですが、日本全国どの受験会場にも6%台の合格者がいるわけではないのです。

独学者にとっての最短合格コースは独学よりも安くつく、例年合格者の約半数を輩出している予備校を利用して、最初から勉強をやり直すことです。そもそも自分が土地家屋調査士試験の勉強をしようかどうかを悩んでいるときに、本だけ買って独学で試験を受けろなどと言っている人は、どこにもいなかったはずです。今度こそ正しい道を選べるよう願っています。