合格にかかる費用(予備校)

合格者を生み出すための仕組みに何千万円ものお金がかかっている?(戻る

土地家屋調査士試験の予備校講座の価格は、たかだか数十万円です(基礎講座と答練講座を合わせても、せいぜい35万円〜45万円くらいです。毎月3万円を貯金している人にとっては1年分くらいの貯金額です。要は1年で回復できる金額です)。そんなわずかな金額しか出さずに試験に合格し、仕事をする資格を与えられ、それを生活の糧にしている人もいることを思えば、とても安い金額です(たがだか数十万円をきっかけに、それがその後、莫大な生活費に化けることもあるのですから……)。

このような安い金額で土地家屋調査士試験の講座を受けられるのは、大勢の受講生が少しずつお金を出し合っているためです。多くの人がわずか数十万円のお金を持ち寄って予備校の講座が開かれ、その中の何人かが試験に合格しています。要は合格者を生み出すための仕組みに予備校利用者たちのお金が何千万円もかかっているわけです。

合格者を1人出すのにかかる費用(戻る

教育訓練給付制度のデータを参考にして、合格者1人につき受講生のお金がいくらかかっているかを計算してみました(1万円未満の端数は切り捨て。同じ学校の中で講座が複数ある場合は、受講修了者数が一番多く、かつ上級講座ではない講座のデータを基にして計算した。受講料のほかにも入学料が必要な講座は受講料の中にそれを含めて計算しています)。

平成28年(2016年)度
(受講料×受講修了者数)÷合格者数
LECTAC日建学院
宅地建物取引士 36万円 48万円 63万円
行政書士 91万円 261万円 なし
社会保険労務士 164万円 363万円
土地家屋調査士 557万円 なし 264万円
司法書士 948万円 546万円 なし
一級建築士 なし 135万円
一級建築士(学科のみ) 98万円 169万円
一級建築士(製図のみ) 41万円 85万円

「宝くじで1億円を当てるためには1億円以上のお金が必要」という風説になぞらえれば、もし本当に土地家屋調査士試験に合格したいと思うなら、260万円や560万円くらいの出費は覚悟しなければなりません。

Yahoo!知恵袋「おすすめの予備校は?」(戻る

Yahoo!知恵袋では「どの予備校がおすすめか」を聞いている人がいますが、いろいろな予備校のいろいろな講座を560万円分くらいは転々とすることになることを思えば、大事なのはどの予備校を選ぶかではなく、どこの予備校のものでも良いので早く講座を買って早く勉強を始めることです(560万円を使おうと思えば、すべての予備校を利用することもできると思いますし、毎年1校ずつ利用しても10年以上かかります。早く勉強を始めれば、その分早く合格でき、土地家屋調査士の資格を活かせる期間も長くなります)。

どの予備校にするかはサイコロか何かで適当に決めてください。そんなことはどうでも良いことです。どこの予備校だろうが毎年合格者がゼロなんてことはないでしょう。どのお店で宝くじを買うかは重要なことではありません。どの予備校にするかを考えるのではなく、560万円を使うことを目標にしてください。そうすればおのずと合格も見えてきます。

合格者はいろいろな予備校をはしごしていますよ。決して予備校を1校・1回利用したくらいで試験に受かろうなどとは思わないことが肝心です。予備校の講座はもっと気軽にバンバン購入するようにしてください。勉強2年目以降は他社の基礎講座を受け直すなり、答練を2社、3社と複数利用するなりするのが当たり前ですよね?

あまり当てにならない数字かも?(戻る

なおここで計算している1人当たりの金額は、たとえばLECの司法書士試験の講座なら平成28年度は「948万円」ですが、平成27年度は「1,219万円」、平成26年度は別の講座のほうが受講修了者数が多く、その講座だと「1,272万円」ですが、同じく平成26年度の別の講座だと「2,675万円」をかけても合格者が1人しか出ていない講座もあり、同じ学校の中や、同じ学校の中の同じ講座同士でも年によって大きく異なることがあります。

ですから、ここに載っている金額を学校選びの主要な材料にはしないでください。特に決して「金額の低いところを利用しよう」などとは思わないでください。初学者がよく利用している予備校よりも、予備校を利用するのが2校目、3校目の生徒を拾っていく学校のほうが合格者は出やすいと思うので、その分、1人当たりの金額も下がりやすい傾向にあると考えることもできるためです。

再三言いますが、どの予備校にするかを考えるのではなく、土地家屋調査士試験の合格を目指す場合は、560万円を使うことを目標にしてください。そうすればおのずと合格も見えてきます。

本当はこの10倍以上のお金がかかる?(戻る

宝くじで1億円を当てようと思えば、1億円以上のお金が必要になることを思えば、土地家屋調査士試験に合格するために560万円しか使わないなら560万円未満の収入しか期待できないのではないか、大したことはないなと思う人もいると思います。しかし実はそこにはカラクリがあるのです。

脱落者がいる?(戻る

このページで示している合格者1人当たりの金額は「(受講料×受講修了者数)÷合格者数」で求めています。しかし実は講座を買ったは良いものの、途中で勉強についていけなくなり、各予備校が独自に定める基準を満たせずに「受講修了者」になれなかった人もきっといると思います。

よく聞く話ですが、たとえば司法書士試験の講座なら、初めの1科目の勉強が終わるまでに半分が脱落、次の1科目の勉強が終わるまでにまた半分が脱落、また次の1科目の勉強が終わるまでにまた半分が脱落……となり、最終的には最初にいた受講生の10分の1くらいの人数しか残らないということもありますので、そういう人たちのことを考えると実際にはもっと多くのお金が(この例だと10倍くらいのお金が)かかっていることになります。

要はこのページで示している金額は、最後まで真面目に勉強して、課題もきちんとこなして、絶対評価での成績が良いほうなら、このくらいの金額でも合格できるかもしれないという数字なのです。

実は10倍どころではない?(戻る

しかし、それでもたかが10倍(560万円なら5,600万円)、やはり大したことはないなと思う人もまだいると思います。しかし実はやはりここにも、また別の事情があるのです。

勉強時間をお金に変えると幾ら?(戻る

土地家屋調査士試験に合格するためには、くじを買えば済む宝くじと違って、お金のほかにも勉強時間が必要です。土地家屋調査士試験の合格者(うち9割強が受験指導校を利用)の平均学習時間は3,100時間〜4,600時間くらいです。

仮に土地家屋調査士試験の受験生(約4,500人)が1年間に1,000時間勉強し、また仮に時給を1,000円と考えると年間45億円の労働力がかかっています。

独学者がいる?(戻る

日本土地家屋調査士会連合会が実施した平成26年(2014年)度試験の受験者向けアンケート調査のデータによると、受験生の42.56%は独学者となっています(独学のほうが少数派なのですね)。

そして皆さんご存知のように、実はそこからは合格者がほぼ出ません。そのため、受験生約4,500人のうちの約4割(1,800人くらい)、四捨五入すれば約2,000人程度の独学者が無駄に使っているお金(1人あたり20万円と考えると総額4億円)は、ほぼすべて予備校利用者の皆さんの利益に供されることになるのです。独学者は予備校利用者を試験に受からせるための養分、出汁に過ぎません(まれに料理に搾りかすが混じってしまうこともありますが……)。

ちなみに「宝くじで1億円を当てるためには1億円以上のお金が必要」という風説になぞらえれば、独学者が試験に合格するためにかかる費用は1,000万円です(4億円÷40人(合格者400人の中の1割を独学合格者と仮定)=1,000万円)。予備校を利用すれば560万円のため、予備校を利用するよりも独学のほうがお金がかかることが分かります。独学だと予備校利用者と違ってそんなにお金の使いどころもないのに1,000万円もかかるというところが、独学合格は絶望的であることを示しています(たかだか1冊数千円〜1、2万円くらいの本を何度買い替えようとも、なかなか1,000万円には到達しない)。

Yahoo!知恵袋等には「お金がないから独学で……」という人がいますが、本当はお金がないからこそ、独学よりも安くつく予備校講座を利用すべきなのですよね。独学のほうが安くつくというのは、予備校利用者と同じくらいの労力で試験に受かればの「たられば話」です。言うなれば3,000円分の宝くじしか買っていないのに1億円が当たったときの話です。海外旅行でアメリカ大陸に行くときに飛行機を使うよりもビート版で泳いで行ったほうが安いと言っているようなものです。

合格後の労働力は幾ら?(戻る

土地家屋調査士として稼ぐためには、くじを買えば済む宝くじと違って、お金や勉強時間のほかにも労働時間が必要です。なかには土地家屋調査士として生活している人もいるくらいです。生きていくのにかかる莫大な金銭を稼ぐ力さえあるのが土地家屋調査士という資格なのです。

お金がかかりすぎて怖い?(戻る

ただし、ここまで来ると、少し怖くなってくる人もいると思います。自分の無能さを棚に上げて、一体いくらお金を使わせれば気が済むのかと怒り出す人もいると思います。しかし実は、やはりそこにも、また別の事情があるのです。

それは宝くじで1億円を当てるために1億円以上のお金を使う人はいないということです。宝くじは、めいめいが手の出せる範囲の金額で購入していると思います。

実はこれは土地家屋調査士試験においても同じなのです。もし560万円分の講座を普通に取っていこうと思えば10年以上はかかると思いますが、土地家屋調査士試験の合格者の平均受験回数はそれよりもずっと少ないはずです。なかには受験1回目で合格している人もいるくらいです。

少しの金額で大金を得ることができるのと同じように、わずかな受験回数でも合格できるかもしれないのが土地家屋調査士試験です。そして受験回数が少なければ少ないほど、合格にかかる費用も少なくなります。要はそんなにお金はかからないのです(もう払えないとなったら受験をやめれば良いだけです)。

当たりくじをよく出す予備校がある?(戻る

どのお店で宝くじを買うかは重要なことではありません。しかし、あるお店では当たりくじがたくさん出ているのに、ほかのお店では当たりくじが少ないとなれば、なんとなく、当たりくじがたくさん出ているお店のほうに気が向いてしまうものだと思います。実は当たりくじをよく出す予備校があるのです。

それは高実績と信頼 大人が選ぶ LICENSE SCHOOL(ライセンス スクール。LICENSEは日本語で認可、免許という意味)「東京法経学院」です。例年、土地家屋調査士試験の合格者の約半数は東京法経学院の出身です(土地家屋調査士試験の合格者の約半数は東京法経学院の基礎講座を受けたり、自身が合格した年に東京法経学院の答練講座を受けたりしています)。

予備校を利用するにしろ、独学を選ぶにしろ、圧倒的な合格占有率、圧倒的な数の直販教材や市販本を世に送り出しており、土地家屋調査士試験の受験生であれば誰もが東京法経学院に目を向けざるを得ないでしょう。