合格にかかる費用(独学)

私の例は特殊(戻る

私が「合格までにかかる費用」のページで示している費用の総額はかなり現実離れしたものになっています。なぜなら私は直販教材や記述式のテキストを1冊も買っていないからです。また私は民法は勉強しなくても点が取れるため、民法の勉強はしませんでした。

また私は三角定規は市販の200円未満のもので済ませており、文房具も一般的な価格と比べると少し安めの値段で手に入れています。

当時の独学者を取り巻く環境(戻る

私は勉強を始めたころは、記述式のテキストがこの世に存在することを知らなくて、記述式は問題集(受験100講Ⅲ)と過去問だけで勉強を始めました。というのも、当時どのサイトを見ても(というと語弊があるかもしれません。正確には検索エンジンで上位表示されているサイトを見ても、です)記述式のテキストは紹介されていなかったためです。

また私は「受験100講V」のことを問題集ではなくテキストだと勘違いしていました。「受験100講」はⅠ・Ⅱ・Ⅲと続いており、ⅠとⅡは択一式のテキストだったため、記述式のⅢもたぶんそうだろうと思っていましたが、今思うと「受験100講Ⅲ」はテキストというよりも問題集のような内容でした。

当時は市販のテキストは品切れや絶版状態のものもあり、ネットの情報も少なく、当時からすでにあったはずの一部の直販教材の話を聞くこともなく、いろいろと狭間の期間だったと思います。

そしてその後、独学で何年も受験勉強を続けてしまった今の私は、今さら直販教材を買おうとも思えず、市販の法学書院の土地家屋調査士受験研究会の本を立ち読みしてみても、もう今の自分には必要のない本だという思いが強くなる一方で、何をどうすれば良いのかが分からなくなりつつあります。

本当は20万円弱かかる(戻る

これから勉強を始める方は、私が「合格までにかかる費用」のページで示しているものに加えて、さらに多くのテキスト等(特に直販教材)が必要です。そのため、一般的には2、3年の短期合格かつ購入するものを抑え気味にしても総額20万円弱はかかるものだと思ってください。

というのも、土地家屋調査士試験の市販の過去問題集「択一過去問マスターⅠ・Ⅱ」や「書式過去問マスターⅠ・Ⅱ」には、かつて「調査士シリーズNo.」(ナンバー)として7〜10の番号が割り振られていましたが、7〜10までの本があったということは、当然1〜6までの本もあったわけで、それらの本は現在では「No.5」と「No.6B」を除き、軒並み改訂・タイトル変更が行われ、講座専用テキストになったり、直販教材になったりしているためです。それが直販教材が必要になる理由の1つ目です。

ちなみに私が勉強を始めた頃は「調査士シリーズNo.」の本は、分野別過去問題集(No.7〜10の計4冊)を除き、その多くが品切れ状態で通常の方法では入手不可能でした。アマゾンで中古本の値段が高騰していました。当時1冊2〜5万円くらいはしていたと思います。

調査士シリーズ No.1〜10(戻る

調査士シリーズNo.の本は、もともと

これだけありました(全12冊。私が購入したのはNo.7〜10の4冊)。

No.1〜2は択一式のテキストに相当する部分だったのですが、現在では講座専用テキストになっているため、予備校の講座を取らない限り入手不可能です最安値での入手方法は、東京法経学院の通信講座である「土地家屋調査士 新・最短合格講座」の「基礎力養成編のみ」かつ「教材学習タイプ」(要は講義・答練なしで教材だけがもらえるタイプ)を購入することです

直販教材のなかには「調査士シリーズNo.」とは別の系譜のテキストもあるため、東京法経学院の講座を取らないのであればテキストに関してはそちらのほうを使うことになります。それが直販教材が必要になる理由の2つ目です。

なお記述式の「申請書のテキスト」や「計算・作図のテキスト」は、もともと直販教材として販売されており、もとから「調査士シリーズNo.」の中にはありませんでした。これが直販教材が必要になる理由の3つ目です。

直販教材(戻る

要は必要になる直販教材は、

以上で合計7万8,700円(税込8万4,996円)になります。もし私がこれらの本を購入していれば、合格までにかかった費用の総額は17万945円+直販教材の送料となります。

なお調査士シリーズ No.7・8の「択一過去問マスターⅠ・Ⅱ」に関しても、このところ改訂版が出ていないため、択一式の過去問題集は新しいほうの過去問まで収録されている直販教材の「土地家屋調査士 新・合格データベース」(税込2万4,840円)を購入したほうが良いと思います今のところ(2018年8月現在)「択一過去問マスターⅠ・Ⅱ」は2015年発売の第五版が最新の版です

2018年の末に新版が出ました!!! 「過去問マスターⅠ・Ⅱ」のことです。択一式なら第六版、記述式なら第三版です。どちらも平成29年(2017年)度までの過去問が収録されています。そして、これまで付いていた「調査士シリーズNo.」の文字が外れました。「調査士シリーズNo.」の名を残す本は、これでもう1冊もなくなってしまいました……。

「土地家屋調査士 新・合格データベース」(第十版の時点で昭和41年度〜平成30年度の53年分の過去問を収録)は「土地家屋調査士 択一過去問マスターⅠ・Ⅱ」(第六版は平成元年〜平成29年度までの過去問を収録。昭和の重要問題も収録されていますが数は少ないです。昭和の問題は私が持っている第四版の時点では17問収録されていました。メインは平成です)よりも過去問の収録年数が多く、また収録が肢別(肢ごとに分野別)となっているため、過去問中心で勉強する独学者に向いていると思います初学者・独学者にとっては、過去問は年度別よりも分野別、そして分野別よりも肢別のほうが学習しやすいことは、資格試験の勉強を長年している人たちの間ではよく知られていることだと思います。過去問マスターと違って、たぶん毎年新版が出ているのも特徴です。新しいほうの択一式の過去問を補充する手間が省けます。

三角定規(戻る

三角定規は街中を探しても、たぶん全長12cm、目盛り10cmの小さいサイズのもの(小・中学生、高校生用のもの)しか見つからないと思います。土地家屋調査士試験に必要なサイズの大きい三角定規が欲しい人は通販を利用するしかありません。ウチダ製の一部や予備校製の三角定規には縮尺目盛も付いています。

三角定規は予備校製のものを2つとも購入して気に入ったほうを使うのが一般的なようです。三角定規は消耗品のため(使っていると目盛りが消えていくため)、合格するまでの間に気に入ったほうを複数枚購入することになります。

まれに「東京法経学院」が答練 に早期申し込みした人に対して「すいすい君、すらすらチャン」をプレゼントしていることがありますが、あれは何年か勉強を続けている人でもテキスト等と違って三角定規はまた購入しなければならないからだったのですね(要は持っていないから欲しいのではなく、そのうち自分の三角定規の目盛りが消えてしまうことを見込んでいたのですね、たぶん……)。

答案用紙(戻る

申請書や添付図面の答案用紙も必要です。申請書や添付図面の用紙は市販のものもありますが、本試験の答案用紙とはサイズが違うため、市販のものを使うのはお勧めしません。用紙1枚ごとの価格を比べてみても、市販のもののほうが割高です。

後者は図面の練習用紙のみで申請書の練習用紙は付いていませんが、760円で100枚のため、自分で図面の答案用紙をコピーするよりもこちらの練習用紙を使うほうが手間が省けて安くつきます。

ちなみに私がここで言っている「市販のもの」というのは「日本法令」という会社が出している登記用紙のことです(たとえば建物図面・各階平面図 など)。特に申請書の用紙については「日本法令」のものは上半分が白紙ではなかった覚えがあるため、ますます試験には向かないと思います(添付書類等があらかじめ記載してあったと思う。試験ではそこは自分で書かなければならないところです)。

民法の問題集(戻る

土地家屋調査士試験の試験科目の1つである民法は出題歴が浅く、出題数も不動産登記法と比べると少ないため過去問の量も少なく、別途問題集を解かないと点が取れません絶対数が少ないです。私が持っている「択一過去問マスターⅠ」(第四版。平成24年(2012年)度までの過去問を収録)の時点で民法の過去問は34問しかありませんでした。そこに平成30年(2018年)度試験までの過去問を含めても52問にしかなりません。これだけではとても本試験に対応できません。そのため次のような問題集が必要になってくると思います(街の本屋で買うと1冊1,944円くらいです)。

ちなみにここら辺でもう、かかる費用の総額は18万円を超えてきます(三角定規2種類をそれぞれ1セットずつ購入かつ択一式の過去問「新・合格データベース」を購入しない場合の計算)。三角定規のうち気に入ったほうをもう1セット購入すると四捨五入すればもう19万円です(直販教材や三角定規の購入には別途送料がかかるため、商品を少しずつ買っていると19万円どころか20万円を超えるかも?)。

実は20万円を飛び越える可能性が高い(戻る

以上のものに加えて、ほかにも書店に行けば、いろいろな種類の本がたくさんありますのでしかも東京法経学院の市販本の間隙を縫うような本が多く、たとえば関数電卓の本や法学書院の緑色のシリーズの本など、冗談抜きでそういう本も必要になってくると思いますので、そういうものを少しずつ買っていくと20万円弱かかるという説がますます盤石になるどころか、受験生活が長引けば受験料(8,300円)、六法の買い替え(H31年度版は税込5,400円)、過去問の補充、誌上模試、作図用紙、文具費、三角定規の目盛りの摩耗等による買い替え等で軽く20万円を飛び越えることも考えられますので(というか普通に考えればまず間違いなく飛び越えますので)、土地家屋調査士試験は「独学で安く……」はあり得ない話です。

テキストと過去問それぞれ1冊ずつと模試くらいで済む宅建試験や社労士試験とは訳が違いますし、合格が1年遅れるたびに受験料や六法等で2万円弱の追加費用がかかります。

独学合格者の少なさ(戻る

月刊誌「不動産法律セミナー」4月号の合格者アンケート調査によると、土地家屋調査士試験は例年その回答者の9割強〜四捨五入すれば最大100%が受験指導校を利用しており、いくらお金を積もうが基本的には独学では勝負にならないものだと思ってください。

予備校代(通信講座なら答練込みで35万円程度〜)を出し惜しむ人は、独学を選んで20万円弱を全損する仕組みになっています。

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶという名言もあります。合格者アンケート調査から何も学ばずに独学を選び、20万円弱を全損して初めて現実を直視するのは愚か者のすることです。

星を見上げるニワトリ

みなさんは、きちんと合格の蓋然性のある選択東京法経学院、LEC東京リーガルマインド、早稲田法科専門学院、日建学院、金子塾、九州不動産専門学院の講座の利用をしてくださいね。

例年、土地家屋調査士試験の合格者の約半数は東京法経学院の基礎講座を受けたり、自らが合格した年に東京法経学院の答練講座を受けたりしています。「合格実績の高い東京法経学院」や「免除資格者Aコース【通信】 」の講座を利用することを真っ先に検討してください。東京法経学院ならバックアップ もばっちりです。

もしかすると独学でも合格できるかも?(戻る

しかし、世の中には歴史から学ばない人もたくさんいると思います。ですから私はそういう人たちが希望を持てる言葉もここに書き残しておきたいと思います。それは不合格になっている独学者の多くは、貧乏なのではないか(要は合格に必要なものを買いそろえていないのではないか)と思われるふしがあることですYahoo!知恵袋で「おすすめのテキストは?」と尋ねられていたり、本を買って自分で調べれば分かるような質問がされていたりするのを見てそう思う

もしかすると直販教材および市販されている土地家屋調査士試験関係の本をほぼすべて買って独学で勉強を続ければ、愚かで貧乏なあなたでも独学で土地家屋調査士試験に合格できるかもしれません。

実は4、50万円かかる(戻る

私の受験結果(戻る

私はH28は申請書は分筆、論述は「土地表題登記と建物合併登記の2つ。土地と建物は1つの申請情報で申請することができない」旨を書き、H29は各階平面図に主である建物を書かず、H30は問題用紙に真数表が載っていなかったため座標値が出せず、建物の厚壁は引きませんでした。時間に余裕がなく大きな見落としをしたり、問題を最後まで解ききれなかったりしています。受験2回目以降、択一式は肢を全部読んで35分程度で9割以上取れており、あとは記述式の点数が4点くらい上がってくれれば試験に受かるのですが……。

やはり択一式は肢を2、3個しか読まずに25分くらいで解くべきなのでしょうか? 私は受験1回目は肢を2、3個しか読まずに26分で択一式を解きましたが、合格基準点くらいの点数しか取れなくて、肢を全部読んでいればもっと得点できたことを後悔するような結果になってしまい、肢を2、3個しか読まずに解答することに良いイメージが付いていません。そのため、試験本番になると、そんなことをしてまた失敗したらどうしよう、という恐怖心が強く出てしまいます。

試験を受けるに当たっては自分の解答方法に自信を持てていることが大切だと思います。たとえば記述式はもしかすると土地よりも建物のほうから問題を解いたほうが良いかもしれないと薄々は思っていても、いざ本番になると、でも試験問題は「第21問 土地」「第22問 建物」の順番になっており、やはり普通は試験問題は番号順に解くものだと思うので、1年に1度しかない本試験でそういう冒険をするのは少し怖くなってくるようなところがあると思います。問題用紙に「座標法で求積するものとする」と書かれている地積も、もしかすると複素数モードで求めたほうが良いのかもしれません。

どうすれば試験に合格できるか?(戻る

答練を受けてアウトプットの練習をする必要があります。答練は本試験形式の新作問題をいくつも解いて本試験の練習をする講座です。回数があるため、択一式なら肢を全部読んで解答するか、それとも5肢中2、3個は読まずに解答してみるか、記述式なら先に土地から問題を解くか、それとも建物から問題を解くか等の実験が可能です。

独学者はインプットの部分(予備校の基礎講座の部分)や択一式の勉強は上で示すような教材をすべて購入して勉強をすれば、もしかすると人によっては代替できることもあるかもしれませんが、アウトプットの部分(予備校の答練講座の部分)は特に記述式の問題に関しては独学ではけして代替できません実際には択一式に関しても代替できていない人が多い。新規参入者数約500名、受験者数約4,500名のうち択一式の合格基準点(6、7割くらいの点数)を取れているのは法務省発表の得点別員数表によると例年約2,000名です。私は択一式は受験1回目で合格基準点を超え、受験2回目以降は9割以上得点しています。その裏には私よりも先に何回も受験しているのに択一式の合格基準点すら取れない約2,000名(択一式が合格基準点未満の人は約2,500名いますが、そのうち約500名は新規参入者(受験1回目)と考えて除外しています)が存在するのです

独学者は市販のテキストを読んでも、その内容がよく分からなくて、逃げるようにして過去問に進み、過去問をとおして インプットを行っています。そのため実は独学者はアウトプットを一度も行っておらず、試験本番になって初めてのアウトプットを体験し、想定外の出来事に翻弄されながら、そのまま試験にも落ちてしまいます。

何度も問題を解いている時点で過去問はアウトプットのための道具ではなく、インプット用の教材に成り下がっていることに早く気がつくべきです。答練も一度問題を解いてアウトプットをした後は、復習のインプット用の教材になります。

答練の値段は2、30万円くらいです。勉強中に一度もアウトプットを行わずに試験に合格するのは無理だと思うので、上で示した教材(約20万円)に加えてこの答練の2、30万円が上乗せされるため、実は独学でも(独学でもアウトプットの部分は講座を利用するしかないため)合計4、50万円はかかります。

そのため、実は最初からインプットの部分も含めて「東京法経学院」や「免除資格者Aコース【通信】 」等の講座に身を任せたほうが金銭的にも労力的にも優しく、しかも合格までしやすいというのが現実です(通信講座なら答練込みでも35万円〜 くらいです)。東京法経学院ならバックアップ もばっちりです。独学で勉強がうまくいかずに停滞している人も予備校の講座を利用することで道が開けると思います。