試合攻略

基本事項
  • 操作方法は試合に勝ちたいなら全員操作を選ぶ。 操作方法を指定できない試合のときは絶対に試合に勝てることになっているが、 最終回に大量得点があったりして帳尻合わせがすごい。
  • ロックオンしたときは試合後に手に入る経験値が少なくなる。
  • COMは守備・走塁が下手なのでオートは使わない方が良い。 捕手と後ろの壁との間の距離が短いことも理由の1つ。 相手がパスボールをしたときはCOMはランナーを走らせるのだが、 捕手と後ろの壁との間の距離が短いので、走ったのが三塁ランナーのときは絶対にアウトになる。
  • 主人公の打順は打つ機会が多くなる1番にする。 主人公の打点を稼ぐために8番と9番にはミートの高い選手を据えて出塁させる。
  • 甲子園本選以外は10点差でコールド。
攻撃
ミート打ちのコツ

打てば打つほど試合後に手に入るミートとパワーの経験値が高くなるので、 ロックオンありでも良いので、とにかくヒットを打つこと。強振打ちよりもミート打ちの方がヒットになりやすい。 ミート打ちのコツについては左の画像を参照のこと。ミートの真ん中の×の部分で打つと大抵アウトになる。 それよりも少し上の灰色の部分で打つとヒットになりやすい。あんまり上の方で打つと今度はフライになるので注意。

守備
  • 変化球をストライクからボールになるように投げると空振りを取りやすい。
  • ど真ん中にスローボールを投げると、相手はフライを打つことが多いのでアウトを取りやすい。
  • 守備のシフトは内後、外前にしておくとアウトを取りやすい。
西崎との勝負

同じことを書くことになるが、主人公が野手のときはミート打ちで高得点が取れる。 投手のときは変化球をストライクからボールになるように投げれば空振りや凡打が取れる。