投手特殊能力の効果

回復○ペナントでスタミナの回復が早くなる。
回復×ペナントでスタミナの回復が遅くなる。
ノビ○調子が好調以上のときにストレートの球速を3上げる。 この効果はAボタンを連打しても球速の表示には表れない (たとえば球速150km/hの投手でノビ○が作動しているときにAボタンを連打して球速を上げても、 球を投げた後に表示される球速は150km/hを超えない)。
ノビ×調子が不調以下のときにストレートの球速を3下げる。
キレ○調子が好調以上のときに変化球レベル+1。 調子による変化球レベルの増加分を加算すると、調子が絶好調のときは変化球レベルは3上がり、 調子が好調のときは変化球レベルは2上がることになる。
キレ×調子が不調以下のときに変化球レベル−1。 調子による変化球レベルの減少分を加算すると、調子が絶不調のときは変化球レベルは3下がり、 調子が不調のときは変化球レベルは2下がることになる。
ピンチ○2塁か3塁にランナーがいるときは球速+1、コントロール+10。
ピンチ×2塁か3塁にランナーがいるときは球速−1、コントロール−10。
打たれ強い打たれても混乱しにくい。
打たれ弱い打たれると混乱しやすい。
勝ち運勝利投手になりやすくなる。
負け運勝利投手になりにくくなる。
逃げ球失投時にボールになる。
一発病失投時に球が真ん中に行く。
クイック○相手走者の盗塁○を無効にする。
クイック×相手走者に盗塁○が付く。
打球反応○ピッチャー返しを捕りやすくなる。
リリース○どの球種を投げても投球動作が同じになる。
けん制○牽制が上手くなる。
重い球ストレートを投げたときに相手打者のパワーを15下げる。
軽い球ストレートを投げたときに相手打者のパワーを15上げる。ポケ7
尻上がり4イニング以降(パワポケ5以降は2イニング以降)に球速+1、コントロール+10。 7イニング以降に球速+2、コントロール+20。先発でなくても作動。
短気連続してヒットを打たれたときに作動。コントロール−10。
四球男3ボールのときにコントロール−20。
寸前×9回表に球速−2、コントロール−20。
ランナー×ランナーがいるときに球速−2、コントロール−15。
スロースターター1・2イニングは球速−2、コントロール−20。 3・4イニングは球速−1、コントロール−10。先発でなくても作動。
ポーカーフェイス動揺が表情に出ない。
低め○低めに投げたときにコントロール+15。ポケ5
闘志闘志あふれる投球をする。ポケ5
テンポ○テンポよく投球する。ポケ6
速球中心速球を中心に投球を組み立てる。ポケ6
変化球中心変化球を中心に投球を組み立てる。ポケ6
中継ぎエース中継ぎエース。ポケ6
リリーフエースリリーフエース。ポケ6
完投タイプ完投タイプ。ポケ6
奪三振2ストライクのときに球速+1、変化球レベル+1。ポケ7