折りたたみ式テーブルの折りたたみ方

はじめに

年末の大掃除中に折りたたみ式のテーブルが折りたためなくて困った。とりあえずネットで検索してみたが、折りたたみ式のテーブルが折りたためなくて困っているという情報はなかった。出て来るのは通販のページやアフィリエイトで折りたたみ式のテーブルを売りたい人ばかり。

結果として私は折りたたみテーブルの折りたたみに失敗し、テーブルには亀裂が入った。正しくはどう折りたたむべきだったのか。一体どうしてテーブルは折りたためなかったのかという内容。

力任せで亀裂が入る

折りたたみに失敗し、亀裂が入ったテーブルの画像

折りたたみ式のテーブルを折りたたもうとしたが、テーブルの足は全然動いてくれなかった。テーブルの足を強引に内側に押してみると、テーブルは木が裂けるような音をメキメキと立てたが、私はテーブルを折りたたむときにはきっとこういう音がするのだろうと思い、その後も力任せに足を押し続けてみたところ、テーブルに横長の裂け目が入った。

正しい折りたたみ方

折りたたみ式のテーブルを折りたたむのに特別な技術は必要ない。私の家のテーブルの場合は、頭に黒いキャップが付いている横長の棒を内側に押しながら同時にテーブルの足も内側に押すだけで良かった。
横長の棒の画像 横長の棒を曲げたときの画像

私がテーブルを折りたためなかった理由

私も初めはこの黒いキャップ付きの棒が何か関係しているのではないかと思っていた。しかしこの横長の棒は、私がどんなに力を入れても全然動いてくれなかった。そのため私はこの横長の棒には見切りを付けて、たとえ木が裂けるような音を立てようとも力任せに足を収めることを選んだ。
足が内側に寄っているテーブルの画像

一体どうしてこの横長の棒は動かなかったのか。それはテーブルの足が少し内側に寄っていたためである。最初に足を強引に収めようとしたときに足が内側に寄ったのだと思う。私の家のテーブルは、足が少しでも内側に寄っているときは、横長の棒はまったく動かない仕組みになっていた。

テーブルの裏側にこのページに書いたような注意書きを載せたシールか何かを貼っておいてほしかったと思う。