その他の裏技、豆知識

レベルを1に戻す方法(PS版限定)

1枚目のメモリーカードにレベル1に戻したいセーブデータを入れる(そのメモリーカードに入っている幻想水滸伝1のセーブデータはそれ1つのみにしておく)。

次にゲームを最初から初めて別の2枚目のメモリーカード(メモリースロット1に差し込むものとする)にゲーム開始直後のセーブを取る(そのメモリーカードに入っている幻想水滸伝1のセーブデータはそれ1つのみにしておく)。そしてそのままゲーム機本体のメモリースロット1に差し込んでいるメモリーカードを先ほどの1枚目のものに入れ替える。

その後、主人公が町からフィールド上に出て全滅し「あきらめない」を選択するとレベル、ステータスは最初のまま(まだ仲間にしていないキャラは全員レベル1)で1枚目のメモリーカードの内容を読み込むため、1枚目のメモリーカードの全キャラのレベルが1になる。

レベル99で仲間にする

シーナとクロミミは、主人公のレベルが1のときに仲間にすると、レベル99で仲間になります。というのも彼らが仲間になるときのレベルは「主人公のレベル-1」だからです。

特に幻想水滸伝2にも登場するシーナは、幻想水滸伝1では雷の紋章が固定装備されており、別の裏技でレベルを96にすることできないため、もし高レベルのシーナを用意したいならこちらの方法がおすすめです。

同様の方法でゴン(主人公-4)、セイラ(主人公-3)、キルケ(主人公-2)などもやりようによってはレベル99で仲間にできるかもしれませんが、主人公のレベルが低いとクワンダ・ロスマンやテオ・マクドールとの一騎打ちに勝つことが困難なため難しいと思います(やりようによってはレベル1でも勝てます)。

ゴン、セイラ、キルケは3人とも紋章の固定装備はないため、一騎打ちに勝つよりも別の裏技でレベルを96にするほうが簡単です。しかし、シーナとクロミミの2人は、一騎打ちの前までに仲間にすることができます。そのため、この2人をレベル99で仲間にすることは結構簡単なのです。


主人公のレベルを1にしておく方法は、主人公のHPを常に0にして戦闘不能にしておき経験値が入らないようにしておくことです。


逆に「主人公のレベル+α」で仲間にできるキャラもおり、彼らは主人公のレベルを高くしておけば最初から高レベルで仲間になります。幻想水滸伝1は急げば10時間未満でクリアできますので、PS版ならゲーム終盤まで一度もセーブせずに主人公のレベルを96にした後で、パーティ全滅後に「あきらめない」を選択することでレベル99の彼らを仲間にしてみるのも良いと思います。

レベル36(exp900台)から96にする方法

モラビア城に出現する「ジャッカル×3、エリート兵×2、ウィップマスター×1」をレベル36(exp900台)主人公1人で倒すと主人公のレベルが96になる。このモンスターはモラビア城でセーブしたデータをロードするとすぐに出現します。敵はソウルイーターの「めいふ」で一発で倒せます。

主人公以外のキャラは幸運の紋章を宿して主人公と2人パーティで上記の敵を倒すとレベル96になります。

レベルの条件だけを満たしてexpが900台でなければレベル95になります。レベル37exp0のときはレベル94になります。expをわざわざ900台にするのは大変なので、レベル36あれば、expはどうあれ、もうこの裏技を使っても良いと思います。


この裏技を使えるタイミングは水上砦シャサラザードの戦争イベント直後と、最後のグレッグミンスターの戦争イベント前です(108星が大広間に集まり、グレミオが生き返ったりするイベントの後に、最後に一度だけ自由に行動できる時期があります。そのため、グレミオもレベル96にできます)。

水上砦シャサラザードの戦争イベント直後、シャサラザードの建物の出入り口付近に立っている場面から主人公を動かせるようになりますが、その後、シャサラザードの建物の内部に入ろうとするとビクトールがパーティに強制加入するため、この裏技は彼以外には使えなくなります。グレッグミンスターの戦争イベント後はビクトールとフリックがパーティに強制加入するため、この裏技は使えなくなります。

戦わずにイベント戦闘に勝つ方法

イベント戦闘中(要はランダムエンカウントではない戦闘中)にコマンドの「おかね」を2連打すると、戦闘が終わり、敵に勝ったものとしてそのまま話が進みます(一瞬のうちにパパっと2連打します)。

魔術師の島のクレイドールから、イベント戦の帝国兵などを含めて、ストーリー最後のボスまで全部これで倒したことにできます。ただし、この裏技は所持金が少ないと効きません。

条件は2連打なのですが、3~4連打したほうが勢いが付いて押し遅れが減るので効きやすいと思います。

無限に使える「すりぬけの札」

「クリン」と「スタリオン」がはじめから持っている「すりぬけのふだ」は何度使ってもなくなりません。売値も普通のものとは違います。普通のすりぬけのふだは売値250ポッチですが、クリンとスタリオンがはじめから持っているすりぬけのふだは売値が0ポッチです(売ることができません)。

ただし、一度でも倉庫に預けてしまうと(「はがす」による預け入れも含む)、普通のすりぬけの札に戻ってしまいます。

捨てられる「またたきの手鏡」

「またたきの手鏡」(フィールド上で使うと本拠地に戻れるアイテム。ゲーム中に1つしか入手できない)は捨てることができます。

フィールドマップ上に通れるけれど出られない場所がある

コウアンからガランの城塞までのフィールドマップ上の湖岸にある半島のように上に少し出っ張った個所(弓のような弧になっている湖岸の真ん中あたりのところ)は、濃い緑色の丸ぽちの右側から左方向キーを押すと濃い緑色の丸ぽちを超えて中に入ることができます(入ったところでさらに左方向キーを押すともう少し上に進んで、本拠地の近くにある島の近くにある岩が見えるようになる)。しかし、出ることはできません。瞬きの手鏡を使って本拠地に戻るしかありません。

強いクイーンアント(HP6000以上?)が出る

他サイトによるとシークの谷に登場するモンスター「クイーンアント」はHP800とされていますが、ごくまれにHPがたぶん6000以上あると思うような強いクイーンアントが出ることがあります。通常のクイーンアントは、魔法による全体攻撃が一度の戦闘中に2回で打ち止めでそれ以降は魔法の発動に失敗しますが、強いクイーンアントは魔法による全体攻撃を2回以上使ってきます。

メースの武器レベルは最大まで上げられない

武器レベルは最大16まで上げられますが、仲間キャラのメースだけは武器レベルを16まで上げることができません。なぜなら武器レベルを16まで上げられる鍛冶屋はメースだけだからです(メースをパーティに入れていたらメースは鍛冶屋のところに立っていない)。

本拠地のジーンは左右から話しかけると返事をしない

本拠地のジーン(紋章師)は左右から話しかけると話しかけたほうを向きますが仕事はしてくれません。

スタリオンはウィングブーツを1つしか装備できない

スタリオンは初期装備でウィングブーツを1つ装備していますが、ウィングブーツは女性しか装備させられないため、スタリオンに2つ目のウィングブーツを装備させることはできません。

「さとう」と「ものさし」の交換比率は1対1とは限らない

セイラを仲間にするときに行う「さとう」と「ものさし」の交換のことです。仲間全員にさとうを持てるだけ持たせたりしてものさしと交換してみると、さとうを1個以上取られます。ただし、さとうを1個以上取られても、ものさしは1個しかもらえません。

プレイ時間の表示(PSP版で確認。PS版は未確認)

セーブデータのプレイ時間の表示の話です。プレイ時間の十の位が0のときはそこが空白になります。たとえばプレイ時間が108時間なら「1 8」と表示され、真ん中の0が表示されません。1になると再び表示されます。

紋章片で無限にステータスを上げる方法(PS版限定)

パーティ全滅時に「あきらめない」を選ぶと、レベルとステータスは全滅時のままで前回のセーブデータに戻されるため「パーティメンバーをあらかじめ弱らせておいてセーブ→ステータスアップの紋章片を使う→パーティ全滅→あきらめない」を繰り返すことで各キャラの能力を無限に上げられます。

ただし、ゲームを始めたばかりの頃はこの裏技は使えません。たとえばテッド、クレア、グレミオの3人は魔術師の塔のクリア(報告はまだしていない状態でもOK)以降でないとこの裏技は使えません。主人公とパーンにもおそらくそういう裏技解放時期のようなものがあり、それが到来するまではこの裏技は使えません。