十字キーを押し続けて効率よくエンカウント

効率の良いエンカウント方法

ドロップ目当てでモンスターとエンカウントしたいときは、十字キーをいろいろ動かして主人公を走らせるよりも、どれか特定の十字キー1つだけを押し続けるほうが楽だと思います。

清風山のケース

清風山は「くろいのしし」が土の紋章片を落とすダンジョンです。セーブの封印球があるマップに十字キー押しっぱなしのエンカウントスポットが2つあります。

①は斜辺の真ん中あたりで十字キーの右を押し続けると立ち位置は変わらずに主人公が壁にぶつかり続け、②のほうは少し奥に挟まってから十字キーの左を押し続けると同様のことが起こります。

ころう山のケース

ころう山は「マイマイ」が守の紋章片、「はいよるねんえき」が水の紋章片を落とすダンジョンです。グレッグミンスター側から入って4枚目のマップにある階段の右端を主人公の体の左半分、階段の横の壁が主人公の体の右半分にくる位置に主人公を置いて、十字キーのうち上を押し続けると主人公が壁にぶつかり続けます。


他のダンジョンやフィールド上にも似たような十字キー押しっぱなしのエンカウントスポットはあると思いますので、壁に体当たりして各自で探してみてください。

ビッグバンが起こる確率は人が壁をすり抜ける確率と同じ

宝くじの第909回totoBIGはネット上ではよく不正やイカサマを疑われており「ビッグバンが起こる確率は人が壁をすり抜ける確率と同じ」などとよく言われていますが、幻想水滸伝1のフィールド上には壁に体当たりすると本当に壁をすり抜けられるスポットがあります。

コウアンからガランの城塞までのフィールドマップ上の湖岸にある半島のように上に少し出っ張った個所(弓のような弧になっている湖岸の真ん中あたりのところ)は、濃い緑色の丸ぽちの右側から左方向キーを押すと濃い緑色の丸ぽちを超えて中に入ることができます。しかし、そこから出ることはできません。瞬きの手鏡を使って本拠地に戻るしかありません。